お約束の場面。審判にクレームつける自分。こういうときとか、乱闘のときって妙にワクワクするのだ。