木佐貫投手が投げた後のマウンドに一番乗り。実は、ウォーミングアップせずに、慌てて本気で投げたため、この一球目で亜脱臼していた自分。いつまでも14歳のイメージではイカン。