« 「保護者・実践家向け2020オンライン研修」のご案内 | トップページ

2021.03.16

行動分析学道場2021オンライン募集開始

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

お待たせしました!

年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2021の募集、本日より開始いたします。

昨年に続いて、今年も完全オンラインで実施することになりました。全国から軽井沢までお越しいただかなくても、ご自宅で受講していただけます。

これまでの参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、法務関係、動物関係など専門領域は多岐にわたります。

まさしく、行動分析学ブートキャンプ

行動分析学道場での出会いから協働を始めた方もおられます

本日から、参加者を募集開始

超一流の講師陣が揃い、贅沢な行動分析学漬けの3日間

学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物看護専門職短期大学)が師範として、道場のコーチ陣と共に指導に当たられます

今回の受講生も、2つのコースから募集します。

「事例研究コース(若干名)」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記から募集要項をご覧下さい。

【行動分析学道場2021オンライン】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:オンライン開催

日時:2021年8月2日(月)〜4日(水)

募集要項は、次の通りです。

ダウンロード - badojo2021pdf.pdf

奥田先生からメッセージをいただきました。

「本当は合宿でやりたかったのですが、今年もオンラインになりました。対面ならではの長所も捨てがたいのですが、オンラインならばオンラインの長所を活かしたものにしたいです。やはり、家を空けて軽井沢まで来ることがハードルだった方には有利でしょう。交通費もかかりませんし。昨年、オンラインでやって面白かったのはオンライン飲み会ですね。対面だと声が届かないから一箇所でもバラバラになります。オンラインだと1つのテーマを全員でシェアも出来ますし。あと、先日放送されたNONFIXから、カットされているがこういう場面でこうやったとか補足説明も出来ると思います。ぜひオンラインご参加をお待ちしています

以上、奥田先生からのメッセージでした。

今年も、申し込みフォームでの申込みとなります。

フォームでお申し込みされると自動で申込み完了画面になりますが、正式な受理は事務局からのメールをお待ち下さい。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月16日に設定してあります。

「一般受講生」の申込み締切は6月1日です。

リピーターは費用面でも参加しやすくなっていますので、昨年参加された方はぜひ継続して学びを続けていただけるとお得です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません。

今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。人気の「事例研究コース」は若干名の募集ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、これまでチャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は申込みフォームの「その他、特記事項」にその旨、明記していただければ確実です。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、簡易審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も目的も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、ぜひ1冊でも多く読んだ上でお越しいただけると学び多いことでしょう

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |