« 酒ではモヤモヤを吹き飛ばせません!? | トップページ | 大学で発達障害学生を支援すること »

2008.03.02

法政大学の客員研究員になりました

法政大学大学院にライフスキル教育研究所が設置されました(研究所のホームページはこちらをクリック)。

そしてこの度、客員研究員に招へいされました。

それぞれの分野で大変著名な先生方や業界大手の方々と、これからどんな仕事が展開できるのやら。楽しみです。

昨日は徳島で講演、そして先生方の事例発表会に参加してきました。

ただの講演ではなく、徳島ABA研究会が主催で、現場の先生方が事例相談を行い、自分がそれぞれの事例に助言を行うというシリーズものの企画です。

コンサルテーションの時間も機会も少なかったのに、それぞれの先生方が一定以上の成果を挙げておられて、とても嬉しく思いました。中には、大きな成果を挙げた事例もあり、この研究会のレベルの高さを頼もしく思います。学会みたいにポスター発表がたくさんありました。

参加者のある先生は「また新しい事例に取り組んでいきますので、ご助言をお願いします」と積極的。すだちの次に有名な、徳島名物『徳島ABA研究会のサマースクール』で鍛えられているし、試行錯誤の実践から成功経験を積み重ねてきているだけに、動機づけの高い先生方ばかりです。他の都道府県にお住まいの教員も、このサマースクールにぜひ参加してみて下さい。必ず、現場での指導に役立つスキルを身に付けることができるでしょう。

このサマースクールの生みの親、法政大学の島宗先生も来場されました。自分は事例発表会の後の懇親会には参加できずとんぼ返りでしたが、いろいろ情報交換ができました。また、東京都の特別支援教育の現状や課題を聞きました。きっと、それらの課題もまた徳島と同じように、島宗先生はクリアしていかれるのでしょう。

自分も直接・間接的に、研究所のお仕事も含めて協力できればと思います。

さっそく、ライフスキル教育研究所の講座がスタートしました。島宗先生のブログをご覧下さい。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ま、気が向いたら投票してください。

関連記事:
徳島県で事例研、行ってきました。
岡山県総合教育センターに行ってきました。
久里浜養護学校に行ってきました。
全体研修より事例研を(2)
全体研修より事例研を(1)
     など。

Posted by 奥田健次 特別支援教育 |