« 隠されていたいじめ、激増するいじめ。 | トップページ | 「ミシュランガイド東京」なんて関係ねえ!! »

2007.11.17

オシム監督の快復を祈ります。

オシム監督ほど、日本人に日本らしさを求めた外国人はいない。

日本代表を思いきって若返りさせたために、知名度の低い選手が代表に選ばれることが多かった。

視聴率が稼げない、日本代表グッズが売れない。そのため、マスコミや商売好きな連中や評論家は、幼稚な批判を展開していた。

若手が思ったよりも早く力を付けてきたではないか。次のワールドカップまでには経験不足のために結果を残せないかもしれない。でも、早ければ次のワールドカップ、またはそれ以降に大いにオシム監督が育てた日本代表選手が活躍することでしょう。

オシム監督が倒れているのを夫人が発見してから病院に搬送されるまでに「1時間以上」かかったという。脳梗塞は発見から治療が早ければ早いほど快復が良いのだが。

いまだに集中治療室で治療を受けている状態だそうで、監督の容態が心配である。自分にとって、今までの代表監督の中で一番の人。心より快復を祈ります。

 

にほんブログ村 政治ブログへ

Posted by 奥田健次 スポーツ |