« 成育医療センターでプレゼンしてきました | トップページ | コンビニ営業は7時11時で良い気分。 »

2007.11.30

日本の「科学的応用力」6位転落

覚え書き。時間が無いからね。

日本の「科学的応用力」6位転落…OECD学習到達度調査

 経済協力開発機構(OECD)が昨年、世界の15歳を対象に実施した国際学習到達度調査(略称PISA)で、日本は2003年の前回調査で2位だった「科学的応用力」が、6位に転落したことがわかった。

 加盟国平均を500点に換算すると、日本は531点。前回に引き続きトップだったフィンランドと比べると、32点も下回り、「技術立国ニッポン」を支える若い世代の科学力の低下が浮き彫りになった

 PISAは3年ごとに実施されており、昨年が3回目。OECDの加盟国を中心とする57の国・地域の15歳の男女40万人を対象に、<1>読解力<2>数学的応用力<3>科学的応用力——の3分野で実施された。日本の受験者数は公表されていない。

 今回、日本の得点は前回より17点も下がっており、ベスト10内の他の国・地域がほとんど得点を伸ばす中で対照的な結果になった。

 今回の調査結果は来月4日に世界同時発表される予定だったが、スペインの教育専門紙が29日に科学的応用力の国別順位をインターネットで公表したことから、この分野のみ前倒ししてOECDが公表した。3分野全体の結果は予定通り来月4日に公表される。

(2007年11月30日0時27分  読売新聞)

たぶん、この問題についても「一般的な有識者」の原因の推定と、自分の意見は異なるやろうね。あまりに過激なので、メディアも黙殺せざるをえない。でも、そんな有識者の考えることなんか誰でも思いつくようなことやし、そんなんで良くなることはないからな。

いつか気が向いたら意見を言うよ。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ポチっと一押しに感謝。

Posted by 奥田健次 教育 |