« 伊吹大臣への応援歌3 | トップページ | 「ライブ手術」のインフォームド・コンセントは? »

2007.06.04

トルネード・チューブ

国際学会で参加した初日のシンポジウム。ここでアメリカのセラピストらが使っていた『トルネード・チューブ』。そのとき書いたエントリーで、この玩具が気になると言ってたんやけどね。

トルネード・チューブってのは、ボタンを押すと水がクルクル回って流れる玩具なのだとか。そんな玩具、あるんかいな? 勝手に作ったオリジナル作品ならどうしようもないけど、市販しているなら買いたいよなあ。なんて思って、学会の期間中から終わってからも、それっぽいお店に立ち寄ってはチェックしてたんやけどね。

はい。ありましたよ!

まさか、見つかるとは!!

トルネード・チューブという名前では無かったので、きっと別のものなんでしょうけどね。

透明の円柱の中を、思いっきり渦巻いてるじゃん(笑)!

20070602 これよ、これ。

水洗便所の水の流れに見えるもん!!

やったー! これが欲しかったんですわ。重たい荷物が増えるけど、もちろん購入したざます。

これで、自分のみている自閉症の子ども達が喜んでくれるなら。誰かに使えるって思って買ったわけではないけど、親御さんに「こんなものがありまっせ〜」的に紹介できるってなもんです。

これ、玩具というよりもインテリアのコーナーに置いてあったんですわ。ちょっと携帯の写メでは分かりにくいけど、ホンマに綺麗に渦巻いてます。トルネードであります。鳴門のうずしおであります。

自分用にお土産を買わないのは、小学校の頃から変わらないなあ。修学旅行とかでも家族用にしか買わず、「自分の? あれれ、何も買ってないよ」ってのが毎度のパターン。今回のこの『トルネードくん』(←勝手に命名)も仕事用って感じ。

はい。しばらく日本を留守にしていたので、帰国後また睡眠時間を削って仕事の虫に戻りますです。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ポチっと一押しに感謝。

関連記事:
トークン・エコノミー法(後編)
トークン・エコノミー法(前編)

Posted by 奥田健次 特別支援教育, 脱力系 |