« 自殺予告連鎖と文科省批判への批判 | トップページ | 奇跡の名犬物語 »

2006.11.12

高校の単位不足は割引のくせに、NHKの受信料不払いは割増というデタラメ。

だから、言うたやろ。何をデタラメ言うとるねん、このドアホ! 大人の都合で『義務』を語るな!

自分が言うていたことってのはこれのことよ。高校必修単位偽装事件のこと。

今回の必修単位偽造事件。これを「大目にみる」ならば、年金未納も大目にみてやればいかがか。法律でNHKの受信料を義務化するのも、美しくないからやめておけ。

「国民からお金は納めていただくが、必修単位は修めて頂かなくても構いません」って宣言しとるようなもんやで!

上記のエントリーで提案した『仮卒業』のアイデアはそれなりに評価されたようだ。文科省の『心ある』お役人さんからも、「先生のご提案のような路線で行くという話もあったのですが、与党からかなり強い圧力に押し切られてしまいました」とメールをいただいた。

さて、NHKの受信料の話。

NHK受信料、義務化の際は延滞金・割増制度も検討
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061110i206.htm

 菅総務相は10日の閣議後会見で、総務省が検討しているNHKの受信料支払い義務化に関し、支払いが滞っている視聴者に料金を上乗せする延滞金制度や、不正に支払いをごまかした場合の割増制度などを検討する方針を示した
 現行の放送法は、視聴者にNHKとの受信契約を結ぶことを義務づけているだけで、支払い義務はNHKの受信規約に示されている。
 菅総務相は、「義務化の(放送法の改正案に盛り込むかどうか)結論は出していないが、(延滞金、割増制度は)今の受信規約に入っている」と述べ、義務化の際は放送法に含める考えを示した。
 また、「受信料を義務化する場合は、国民の理解を得られるようなことをやらないといけない」とし、NHK職員による不祥事の再発防止策や、子会社整理などの合理化が必要との認識を示した。
(2006年11月10日13時36分  読売新聞)

だからドアホかって!

太字にした部分を、高校の単位偽装事件におきかえてみよう。

学習指導要領の必修科目に関し、単位修得が滞っている高校と生徒に必修単位を上乗せする延滞単位制度や、不正に履修単位をごまかした場合の割増制度などを検討する方針を示した。

示してくれよ、頼むから。NHK受信料の義務化と同じ論理でいけば、履修単位をごまかしたならば、必修単位を上乗せすることを検討しなければならん。なのに、『救済措置』などと言って単位不足を大目にみることにしたやんけ。やってることがデタラメやってことが分からんのか? お前らに『義務』なんぞ語る資格は無い。

デタラメな大人の言う「子どものため」とか「救済を」なんてのは、まったく子どものためになってないんやで。ネクタイ締めて偉そうな肩書きをぶらさげてな、一般人を騙すことはできても、自分はそんなドアホーでデタラメ&綺麗事だらけの大人なんぞ、すぐに見抜いてしまう。自分、小学生の頃から大人のデタラメを指摘しては殴られていたからな。

ったく、薄っぺらい奴らが多いんやから。自分に近づくなよ、近づくとぶっ飛ばすぞ。

 

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←クリックしていただければ幸いです。


関連記事:
自殺予告連鎖と文科省批判への批判
『子育て学』を高校の必修科目にせよ。
公明党に押し切られた自民党、7分の1の力に落とされた文科省。
与党の救済措置が、日本を滅ぼす。【高校必修単位偽造事件】
高校履修詐欺事件。大衆の論調を斬る!

Posted by 奥田健次 教育, 社会 |