« リトルワールド | トップページ | 蔓延する携帯電話依存症 »

2006.05.17

「通行人に似ている人」もOK?

久々の脱力ネタ。

「妖怪に似ている人」、水木さんが審査 鳥取
http://www.asahi.com/life/update/0516/001.html
2006年05月16日03時12分(asahi.com)

 鳥取県境港市で8月、「妖怪そっくりコンテスト」が開かれる。「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる同市出身の漫画家、水木しげるさんが審査委員長を務める。
 鬼太郎やねずみ男、猫娘など、水木作品でおなじみの妖怪たちにどれだけ似ているかを競う。6月中に募集し、最優秀賞には10万円の賞金を贈る
 「きっと身近にいるはず。でも、他薦の場合は必ず本人の承諾を得てほしい」と主催者。詳しくはホームページで。

ホームページは、ここにあった(『妖怪そっくりコンテスト』)。

Koumoto0517 ここはぜひ、次長課長の河本さんに優秀賞10万円をかっさらってもらいたい。水木しげる作品で、実写のそっくりさんといえば、河本演じる『水木しげる作品に出てくる通行人』のモノマネが秀逸である。この写真ね。

瞬間芸だが完璧ソックリ。

それにしても、最優秀賞金10万円は安すぎへんか? 境港市まで行って泊まって帰るだけで、ほとんど賞金が残らへんやんか。

これって、もしかして来春の実写映画「ゲゲゲの鬼太郎」のプロモーションイベント? だったらもっと金かけたらええんちゃうの?

次長課長・河本は、実写映画のほうにも友情出演するといいね。豪華すぎるけどね。だって、通行人なんやから。

当ブログでは河本ネタは2回目(3回目?)かな。

このコンテスト、主催者は「他薦の場合は本人に承諾を得て」などと言っているようだが、トラブルがあるやろうね。本人の承諾無しの応募。

「うわっ、こんなコンテストあるよ。4丁目の田中さん、そのまんまねずみ男じゃん。2丁目の佐藤さんの娘さんなんかねこ娘そっくりよ。うちの主人の上司って、ほとんどぬりかべじゃん。葉書書いて応募しといてあげよっと」

妖怪よりもおっそろしい人間関係のトラブルになりませんように。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ポチっと一押しに感謝。

Posted by 奥田健次 脱力系 |