« サヨクにまともに付き合うつもりはないが | トップページ | 小学校に理科助手、さらに必要なこと。 »

2006.04.01

義務教育で英語を必修する大愚(その後)

先日の記事『義務教育で英語を必修する大愚』は、少しばかり反響があった。

その後、『Let's Blow! 毒吐き@てっく』氏、『帝國愁報』の諸行無常氏のブログにてこの記事の紹介があった。てっく氏の記事は、情報ソースの豊富さといい情報選択の適切さといい、いつもながら卓越している。また、諸行無常氏の記事は問題の核心を鋭くついており、危機感の高さに共感するところ大である。

以降は余談になるが、まったく心外なこともあった。詳しくは『サヨクにまともに付き合うつもりはないが』に書いた。先ほど出先から帰ってくるまでに、身内からも身内でない読者からもDMをたくさんいただいた。

あまりにも、かのブログにて一方的な悪罵を公開されているからだろう。自分は『サヨクにまともに付き合うつもりはないが』を書いて以降、依頼原稿の締切や出張など多忙で、もう相手にするつもりもなく気にもしていなかった。だが、たくさんのDMに対する応答として、もう一度だけ触れておくことにする。

その前に、自分はかのブログからの質問に対して応答する義務も責任もないし、同じ土俵に立ついわれもない。「ハテナ」というブログのシステム(ブクマ?)のことは全然理解しないが、当ブログをブックマークしているようなので、すぐ目に止まるのだろうから、TBの返送ももうしない。相手にも、当ブログに対するリプライの義務も責任も無い、そういう関係性であるということをまずは押さえておきたい。

ほとんどのDMの内容は、かのブログ著者のことを相当に厳しく非難するものであった。その中でも、まだ穏やかな部類のDMで、ご本人が匿名でなら取り上げてもらっても構わないと申し出た方のものを紹介させていただく。

>奥田先生
>
>はじめまして。一連の最近のブログのやりとりを見ていて、
>目に余るものがありました。先生のブログにはコメント機能が
>無いので、DMさせてもらいました。ちなみに、私も「第三者」
>です。でも「第三者」っていう定義からしてウサギちゃんのブ
>ログは曖昧だし、同じ「はてなブログ」で閲覧しあう環境にあ
>るなら第三者とも言い切れないし、逆にやりとりのある人間で
>も第三者とみなすこともできます。匿名同士で何やってんだ、
>って。卑怯だ、卑劣だとか幼稚なことを言っていますが、2ちゃ
>んねらーのような悪罵だらけのブチギレ君が実名の先生を卑怯
>と罵るのは片腹痛いですよ。自分に都合が良ければ「第三者」
>とかって言って、鬼の首でも取ったかのような物言いにも幼稚
>さが現れていますね。「言い訳」とか言ってるけど、自分で勝
>手に思い込んで、先生のほうを言い訳と決めつけることこそ卑
>劣じゃないですか。先生は最初っからエンターテイメントって
>言っておられたわけで、今になってそっち路線だって切り替え
>たわけじゃないんだし。まあ、相手にされること無いですよ。
>私はアメリカに留学していましたが、あの文脈だったらネイティ
>ブスピーカーだって思うのは当然です。先生がアメリカ先住民
>のことを言うんでしたら、そのまんまアメリカンインディアンっ
>てハッキリ言われるはずですよね。でも、あの文脈でアメリカ
>先住民の話が出てくること自体がありえません。差別、差別っ
>て言う人って、勝手にそんなイメージを抱いちゃうんですから、
>これって逆差別ですよね。ウサギちゃんこそ無意識的に差別し
>ているんであって。どうせ本人は認めないでしょうけどね。
>それにしても、すごい力の入れようで先生を罵倒しているのは
>何なのでしょうか。わざわざ「はてな用語集」にリンク貼って
>まで追いかけてきて。一番、卑怯だったのは、今頃になって
>「私は中学のときにいじめられていたんだー」ってね。自爆で
>すよね。なあんだ、ただのいじめられっ子の逆ギレかよ、逆恨
>みかよって思いました。恨む相手が違うでしょって。後出しで
>弱者の立場を表明して、相手を黙らせるやり方が卑怯っていう
>もんだ。それって、元いじめられっ子による「いじめ」でしょ。
>私はウサギちゃんにそう言ってやりたい。特定アジアの一部の
>方々そっくりだよ。「私たちは被害者だー」って。
>
>先生、これからエンタメ路線であろうとお下品(失礼!;笑)
>路線であろうと、第三者として応援しています。
>

これでもまだ穏やかなほうなのだが、DM全般がおよそこういった主旨であった。だがもう、自分は素性も知らない相手に対しては、違法行為さえなければどうこういう気持ちはない。上のメールを下さった方も指摘するように、相手が「中学でいじめに遭っていた」と後になってから告白したからだ。とにかく、その一言で議論が終わってしまう。自分としては、正直「お気の毒に」という気持ち(嫌味ではない)しか持てなくなった。そんなことを言うと「余計なお世話だ」などと言われそうだが。

なお、何人かの方からは「コメント機能を設けてほしい」という要望もいただいた。当ブログにコメント機能を付けていないのは、もらったコメントに対してリプライしなければという義務感に縛られるのが嫌で、そんな時間も無いからである。逆に、今回のようにDMへの対応のほうが時間が取られたりすることもあるが。

一方通行なブログという批判があるならば、それを甘受しようと思う。まあ、今のところトラックバックがあるさ。なんたって、自分の目標とさせていただいている(笑)、眞邊かをり女王様のブログもトラックバックだけだしな。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ポチっと一押しに感謝。

Posted by 奥田健次 社会 |