« 子どもに携帯を持たせないマドンナは賢母 | トップページ | 役に立つのか、教職大学院!? »

2006.01.06

神戸で、愛媛で。

この冬の講演を。

最近、ほとんどの講演は断っているのだが、どうしても断れない場合もある。

まずは神戸。主催は県立障害児教育センター。

受講対象は「盲・聾・養護学校教員、小・中学校の障害児教育担当教員(通級による指導担当者を含む)」となっているので、一般の方は参加することができない。

会場が、兵庫県民小劇場ということなので、雰囲気的には講演というよりカンツォーネの一つくらい歌いたくなるような場所だ。

もう一つは愛媛県松山市。こちらは一般の方も参加できる(要・予約)。

日 時  2006年2月4日(土) 13:00~16:00
場 所  松山大学 820番教室
演 題  特別支援教育―危機感のある予防的アプローチについて―

詳しくは、主催のダンボクラブのホームページをご覧下さい。後援に、福祉協議会、愛媛新聞社、NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、FM愛媛。

かなり大きな講演会になりそうだ。特別支援教育に興味・関心のある方は、どうぞご参加下さい。お問い合わせは、主催者のほうにお願いいたします。

 

にほんブログ村 政治ブログへ ←ポチっと一押しに感謝。

Posted by 奥田健次 お知らせ, 特別支援教育 |