« 集中講義(本編) | トップページ | 職場いじめからの暴走 »

2005.12.27

日本の矯正教育について

遅ればせながらではあるが、一言、自分の思ったことを書いておこう。

大阪市で姉妹が殺害された事件。容疑者には母親殺しの過去があった。

姉妹刺殺容疑者、母殺害で逆送せず中等少年院送致に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051220-00000501-yom-soci
 大阪市浪速区のマンションで11月、姉妹が刺殺され室内が放火された事件で、山地悠紀夫容疑者(22)は16歳の時、2人暮らしだった母親を金属バットで何度も殴りつけて殺害した。
 山口県警の調べに「母親が借金をし、使い道を尋ねても、教えてくれず、カッとなった」と供述。交際を望んでいた女性に母親が無言電話をかけたことも動機に挙げた。
 山口地検は2000年8月、「悪質な犯行」として、検察官送致(逆送)を求める「刑事処分相当」の意見書を付け、山地容疑者を家裁送致した。山口家裁は翌月の少年審判で、家庭環境なども考慮し、「矯正は十分可能」と判断。逆送せず、中等少年院送致の保護処分を決めた。
 少年審判で付添人を務めた内山新吾弁護士(山口県弁護士会)はその約3年後、岡山少年院で仮退院直前の山地容疑者と面会した時、「罪を本当に悔い改めるまでは至っていなかったようだ」と感じた。「当時はやむを得なかった」と自らの行為を正当化する言動も見られたという。ただ、家裁決定が当時としては最善の処遇方法だったとの考えは変わらない、としている。
(読売新聞) - 12月20日3時12分更新

鑑別所や少年院における矯正教育の現状について、自分は数年前からどうも納得しがたい気持ちがあった。

数年前、ある学会で少年犯罪の分科会シンポジウムがあったので、自分は別の分科会ではあるが仲間と参加してみた。テーマは「働くこと」というものだった。法務省関係の人やら、鑑別所、少年院、大学教員などが主体となって、ああだこうだやっていた。でも、会場はガラガラだった。

どうも問題は、少年が退院後に労働を始めても長続きしないということのようだ。まじめなシンポジストたちは、延々と現在までの関連データを示してプレゼンするのだが、結論のスライドで何を言うのかと思ったら、なんと「結局、働かないのは『やる気』が無いからなのでしょう」と真顔で仰る。

2時間近くかけての結論がこれだ。思わず、仲間と「ぶっ!!」と笑ってしまった。これじゃあ、矯正教育がうまくいく訳がない。居酒屋の世間話レベルなのだ。

「働かないのはどうして?」「やる気がないから」「やる気がないって、どうして分かるの?」「だって、働かないじゃん」「働かないのは、やる気がないから」「やる気がないから、働かない」・・・・。 

循環論である。21世紀になっても、まだこうした役に立たない議論が繰り返されているのだ。

自分は質問をした。「働くことを論じる前に、少年犯罪を犯す彼らの『遊び方』について論じる必要があるのではないか? 自分は遊び方に問題があると思うのだが。少年院や鑑別所では少年の遊びについてどういう考えで何を行っているのか?」と。

そしたら、こんな質問は想定外だったようで、発表者は少々焦りの色を見せながら「私共はやっております。たとえば、部活です。囲碁クラブとか、将棋クラブ、運動系の部活もたくさんあって、少年達は積極的に参加しています」とのこと。こんな答えだ。もう笑いを通り越して溜め息しか出ない。

そして今年。また別の学会で、少年犯罪のシンポジウムがあった。またも法務教官の主席レベルがシンポジスト。どうも彼らは臨床家のような顔をした役人で「われわれはこんなことも取り組んでいる」というアピールばかり。自分はフロアから質問をさせてもらった。だが、噛み合わない。いつものことだが、こちらの質問に答えてくれないのだ。

噛み合うはずもなかった。質問に答えるとき「あなたの仰ることは分かりますが・・・」という口調で、教えてあげようという感じだった。自分のことを学生のように勘違いしたのだろう。まあ、仕方がない、よくあることだ。アロハクラッシュジーンズだったんだからな。

法務省関係の人は、どうも頭が良すぎるようだ。悪く言えば、頭でっかち。こんな役人よりも、町のペンキ屋のオヤジカミナリ坊主のほうが、よっぽど少年らを更生させていることを自分は知っている。こうした町のカリスマ親爺のやり方にもっと耳を傾けるべきだ。昔も今も、エリートの弱さは、こうしたところに横たわっているのだ。虚心坦懐に学ぶ姿勢に乏しい。

アメリカではこんな治療プログラムが行われているだの、イギリスではこういうシステムで矯正教育が行われているだの、そういう文献オタクばかりでは話にならない。

日本の矯正教育は、現場たたき上げの人間が力を付けていってくれなければ明るい未来は見えてこない。

Posted by 奥田健次 教育 |