2022.09.30

さやか星小学校の公式Webサイト、noteやTwitter、InstagramなどのSNSオープン

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

さて、2024年4月開学を目指して準備中の新小学校、「さやか星小学校」の公式Webサイトが完成しました❗

また、さやか星小学校のnoteやTwitter、InstagramなどのSNSも始まりました✨

〇Webサイト

https://www.sayakaboshi.jp/

 

〇Twitter

https://twitter.com/sayakaboshi

 

〇インスタ

https://www.instagram.com/sayakaboshi/

 

〇FB

https://www.facebook.com/sayakaboshi/

 

〇note

https://note.com/sayakaboshi/

奥田先生のテレビ番組出演情報や、新聞記事、雑誌記事、講演会などのイベント情報は、上記のSNSを登録していただけるとチャンスを見逃さないと思います。こちらの旧ブログは、テレビ出演や講演会などの情報では、ほとんど更新しませんので。

公式ページの案内ついでに、お知らせします🐱

サンデードキュメンタリー『密着2000日 自閉症児に輝ける人生を 闘う!出張カウンセラー』

2022年10月2日(日) 12:00~13:55

明後日放送です。2時間番組で、映画のようですね🎥

https://www.bsfuji.tv/autismcounselor/pub/index.html

見逃し配信はありませんので、録画してでもお見逃しなく。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 奥田健次 お知らせ |

2022.07.18

家庭犬トレーニング研修キャンプ in 軽井沢2022

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動コーチングアカデミーからのご案内です

3年ぶりになるのですが、お待ちかね山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニング研修キャンプを実施することになりました

募集開始です。

奥田先生曰く「臨床的、実践的なため、技術を身につけたい方が参加すべきキャンプ」です。

2泊3日、犬たちと仲間たちと山本央子先生らと共に暮らしながらトレーニング方法を学びます

山本先生のご指導によって犬とトレーナーたちが確実に変わっていきます。

飼い主&行動コーチングアカデミー学校長として奥田健次先生も参加されますが、毎回感動的だと聞いております

奥田先生からコメント、いただきました

臨床家として尊敬する山本央子先生。対象は違えど、まさしく臨床なのです。行動に着目しているので、ターゲット行動がどのように変わるかは一目瞭然。ごまかしが効かない世界です。コロナ禍で合宿が見送られてきたのですが、昨年もしかしたら可能かなというところまで来て、少しまだ状況の変化により断念したのです。

現在、また感染者数が増えているということなのですが、やれるだけすべての対策を講じて実施することになりました。例えば、宿泊は基本的には近隣宿泊施設を利用していただきます。どうしても、という方についてはアカデミーでの宿泊もご希望に添えるようにしようという計画です。食事もアカデミー内では提供いたしません。お弁当などを注文したり、買い出ししたりしていただきます。

犬の業界、こういった付加的なサービスはそんな重要じゃないそうです。そもそもテントでキャンプだって厭わない。山本先生のご指導を直に受けられるんですからその価値の方が大きいので、アカデミーでは施設利用させてもらえるだけでもありがたい、と言われています。それによって、アカデミー側は大いに安心しています。

軽井沢にて、お待ちしています。

以上、奥田先生からのコメントでした。

ということで、募集要項は下のPDFファイルまたはWordファイルをダウンロードしてご確認ください。

ダウンロード - e5aeb6e5baade78aace7a094e4bfae20220712pdf.pdf

ダウンロード - e5aeb6e5baade78aace7a094e4bfae20220712.docx

今回は、申込みフォームからの申込手続きとなります。(PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(R)が必要です。 お持ちのパソコンにインストールされていない場合は、Adobeのホームページからダウンロードしてください。)

多くの方のお申し込み、お待ちしています。こちらの家庭犬トレーニング研修の申込み締切は、8月27日午後5時となっております

はじめて来られる方は、山本央子先生のご著書『ヘンリー、人を癒す―心の扉を開けるセラピー犬』をお読みになっておくと、直接ご本人にご指導をいただけるわけですから、感慨深いと思います。アカデミー校長の奥田健次先生の『メリットの法則』もオススメです

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2022.06.01

「保護者・実践家向け合宿2022」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動分析学道場のほうは当初の締切日より早く定員となりました。たくさんのご参加をありがとうございます。

さて、期日が後先になりますが、こちらも毎年恒例の「保護者・実践家向け合宿2022」をご案内いたします。

こちらも今年は対面での合宿が復活です。

保護者に人気が高く、他に教員や福祉関係の専門家、心理士、医師などの専門職の参加もありましたし、実践力を高める合宿となっています。

具体的な実践から学んでいただくために「ケース検討会」が目玉となっています📝

実際のケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらいます。

奥田先生の解決策も、毎年ご覧いただけるので年に1度の貴重な学びで、この合宿も大人気。

昨年の『保護者・実践家向け2021』に参加された方には、リピーター割引価格になっています

若い学生さん向けの学割価格もあります❗❗

この2日間の合宿に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生、笹田先生のワークショップを受けることができるのです

ふるってご参加をお待ちしています

感染予防のため、いくつかの対策を講じていますので案内をご確認ください。

あと、サムエル幼稚園での実践や、計画中の小学校の最新情報なども得られます。

奥田先生から、お言葉をいただいております。

昨年のテレビ放送後、お子様に発達障害がありインクルーシブ教育をやっているサムエル幼稚園に入園させたいという方からの問い合わせを多くいただいています。海外からも問い合わせがあります。入園説明会に来て検定を受けただけの方は、これまですべて不合格となっています。良いところに預けたいという他人任せな姿勢では不十分ということです。どうしてもという方は、こういう年に1回の保護者が参加できる合宿に来るとかして学ぶ姿勢を持ち続けていただきたいです。もちろん、この合宿に来たからといって入園合格となるわけではないですが、入園できない・しないことになっても子育ては続くわけですから、合宿で学んだことは親の力になるはずです。現に、入園を果たせなかった家族が毎年、参加者として学び続けておられます。受験を検討されている方は、参加していただいて休憩時間などに入園希望や思いをお聞かせくださればと思います。

以上です。

詳しくは、ご案内をよくお読みください。

ダウンロード - jissen2022r.docx

ダウンロード - jissen2022rpdf.pdf

当然のおすすめですが、1冊でも多く奥田先生の著書や2冊のマンガ、翻訳書は読んでおいて下さい

道場と違って、募集期間が短いのでお早めにお申し込み下さいませ。

こちらの申し込み方法は、案内の通り、メールでとなります。携帯などのメールでは、こちらからの返信メールが迷惑メールに振り分けられる可能性がありますので、GmailなどPCで使用されるメールをご利用されることを推奨します。

それでは、お申し込みをお待ちしています。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2022.03.16

行動分析学道場2022募集開始(追記:締め切りを延期します)

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。
あっという間に3月ですね。今年もまた道場のご案内の時期となりました。
年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2022の募集、本日より開始いたします。
今年は、2年ぶりに対面で実施することになりました。やはり道場なので、なるべく対面でという希望が多かったのです。
もちろん、リモートだから参加できたという方もおられることでしょう。でも、本来は合宿形式で学べるのが売りです。ご都合をつけてお越しいただければ幸いです。
過去の道場の参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、法務関係、動物関係、コンサルタントなど。
超一流の講師陣が揃い、贅沢な行動分析学ブートキャンプ3日間
本日から、参加者を募集開始
学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物看護専門職短期大学)が師範として、道場のコーチ陣と共に指導に当たられます
今回の受講生も、2つのコースから募集します。
「事例研究コース(若干名)」と「一般受講生」の2つです。
感染予防対策としては、今回は対面で実施しますけれども、宿泊と食事は基本的にそれぞれ。つまり、近隣の宿泊施設を利用していただきます。ただ、どうしてもという方のためにアカデミーでの宿泊も20名弱ほどは受け入れます(先着順、部屋指定はできません)。雑魚寝のようにならないようにします。
近隣の宿泊施設としては、たとえば以下のようなところがあります。
ペンション野ばら(アカデミーから徒歩圏内)
ホテルルートインコート軽井沢(ビジネスホテル)
明治屋旅館(御代田駅から近い)
THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田(最近オープンした高級リゾートホテル)
などがあります。
道場についての詳しい内容は、下記から募集要項をご覧下さい。
【行動分析学道場2022】
主催:行動コーチングアカデミー
場所:オンライン開催 現地開催
日時:2022年8月8日(月)〜10日(水)
募集要項は、次の通りです。


ダウンロード - badojo20220316pdf.pdf

奥田先生から今回もメッセージをいただきました。

「久しぶりの対面です。対面でやって欲しいという常連の希望が多くて、なんとか工夫してやってみることにしました。宿泊と食事がないので、参加費は少し下がっています。合宿のいいところは、とにかく遠慮なく質問ができるということです。著者に会って、なおかつ直接質問ができるのは、著者が生きているうちです。そして、著者としては読者が読みこなした上で質問をしてくれるのは嬉しいことなのです。行動分析学漬けを味わってください。初学者は、道場をきっかけにもっと学ぶ動機となりますように。それでは、ご参加をお待ちしています

以上、奥田先生からのメッセージでした。

今年も、申し込みフォームでの申込みとなります。

フォームでお申し込みされると自動で申込み完了画面になりますが、正式な受理は事務局からのメールをお待ち下さい。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月9日に設定してあります。*満員となり募集終了。

「一般受講生」の申込み締切は6月3日です。*こちらも満員となり募集終了しました(5月18日追記)。

リピーターは費用面でも参加しやすくなっていますので、昨年参加された方はぜひ継続して学びを続けていただけるとお得です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません。

今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。人気の「事例研究コース」は若干名の募集ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、これまでチャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は申込みフォームの「その他、特記事項」にその旨、明記していただければ確実です。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、簡易審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も目的も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、ぜひ1冊でも多く読んだ上でお越しいただけると学び多いことでしょう

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2021.06.07

「保護者・実践家向け2021オンライン研修」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動分析学道場のほうは締切となりました。多くのご参加をありがとうございます。

さて、いつも後先になりますが、こちらも毎年恒例「保護者・実践家向け合宿」をご案内いたします。

こちらの合宿も今年もオンライン開催です。

保護者だけでなく教員や福祉関係の専門家、心理士、医師などの専門家も参加されることがあり、ひたすら実践力を高めるための合宿としています。

科学的な実践を紹介するために「ケース検討会」が目玉となっています📝

実際のケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらいます。

実践的な合宿を目指しているそうですが、専門家を養成するような内容です。

心理士、学校教員、児童発達支援の実践家などが、保護者と共に学ぶ時間です。

オンライン開催となりますので、軽井沢までの交通費が不要になりますし、ご自宅から参加できるのです😃

オンラインですので、集中力や体力のことを考えてパソコンの前にずっといなければならないような進め方にはならないそうです。もしかしたら、合宿よりもマイペースで考える時間を持てるかもしれませんね。

昨年の『保護者・実践家向け合宿2020』に参加された方には、リピーター割引価格になっています

若い学生さん向けの学割価格もあります❗❗

この2日のオンライン研修に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生、笹田先生のワークショップを受けることができるのです

ふるってご参加をお待ちしています

ダウンロード - hogosya2021.docx

ダウンロード - hogosya2021pdf.pdf

zoomなど、ある程度の通信接続の経験がある方がご参加下さい。そんなに難しくないので、詳しい人に少し教えてもらって何回か練習すれば、スマホが使える程度の方なら問題ないと思います。

ただ案内にも書かれてありますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。

あくまで受講者自身が学んで身につけて、自宅や職場で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

1冊でも多く、奥田先生の著書や2冊のマンガ、翻訳書は読んでおいて下さい

道場と違って、募集期間が短いのでお早めにお申し込み下さいませ。

こちらの申し込み方法は、案内の通り、メールでとなります。

それでは、お待ちしています。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2021.03.16

行動分析学道場2021オンライン募集開始

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

お待たせしました!

年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2021の募集、本日より開始いたします。

昨年に続いて、今年も完全オンラインで実施することになりました。全国から軽井沢までお越しいただかなくても、ご自宅で受講していただけます。

これまでの参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、法務関係、動物関係など専門領域は多岐にわたります。

まさしく、行動分析学ブートキャンプ

行動分析学道場での出会いから協働を始めた方もおられます

本日から、参加者を募集開始

超一流の講師陣が揃い、贅沢な行動分析学漬けの3日間

学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物看護専門職短期大学)が師範として、道場のコーチ陣と共に指導に当たられます

今回の受講生も、2つのコースから募集します。

「事例研究コース(若干名)」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記から募集要項をご覧下さい。

【行動分析学道場2021オンライン】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:オンライン開催

日時:2021年8月2日(月)〜4日(水)

募集要項は、次の通りです。

ダウンロード - badojo2021pdf.pdf

奥田先生からメッセージをいただきました。

「本当は合宿でやりたかったのですが、今年もオンラインになりました。対面ならではの長所も捨てがたいのですが、オンラインならばオンラインの長所を活かしたものにしたいです。やはり、家を空けて軽井沢まで来ることがハードルだった方には有利でしょう。交通費もかかりませんし。昨年、オンラインでやって面白かったのはオンライン飲み会ですね。対面だと声が届かないから一箇所でもバラバラになります。オンラインだと1つのテーマを全員でシェアも出来ますし。あと、先日放送されたNONFIXから、カットされているがこういう場面でこうやったとか補足説明も出来ると思います。ぜひオンラインご参加をお待ちしています

以上、奥田先生からのメッセージでした。

今年も、申し込みフォームでの申込みとなります。

フォームでお申し込みされると自動で申込み完了画面になりますが、正式な受理は事務局からのメールをお待ち下さい。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月16日に設定してあります。*満員となり募集終了。

「一般受講生」の申込み締切は6月1日です。(6月6日まで延長します)

リピーターは費用面でも参加しやすくなっていますので、昨年参加された方はぜひ継続して学びを続けていただけるとお得です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません。

今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。人気の「事例研究コース」は若干名の募集ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、これまでチャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は申込みフォームの「その他、特記事項」にその旨、明記していただければ確実です。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、簡易審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も目的も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、ぜひ1冊でも多く読んだ上でお越しいただけると学び多いことでしょう

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2020.06.08

「保護者・実践家向け2020オンライン研修」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

先日、オンライン道場のほうは締切となりました。こんな状況ですが、多くのご参加をありがとうございます。

事例研究コースについては、なかなか例年よりも順調と伺いました。

さて、いつも後先になりますが、毎年恒例の「保護者・実践家向け合宿」をご案内いたします。

こちらの合宿も今年はオンライン開催となりました。

保護者だけでなく教員や福祉関係の専門家、心理士、医師などの専門家も参加されることがあり、ひたすら実践力を高めるための合宿としています。

科学的な実践を紹介するために「ケース検討会」が目玉となっています📝

実際のケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらいます。

実践的な合宿を目指しているそうですが、専門家を養成するようなくらいの内容です。

心理士、学校教員、児童発達支援の実践家などが、保護者と共に学ぶ時間です。

今年は初めてのオンライン開催となりますので、ステイホームしながら参加可能です😃

オンラインですので、集中力や体力のことを考えてパソコンの前にずっといなければならないような進め方にはならないそうです。もしかしたら、合宿よりもマイペースで考える時間を持てるかもしれませんね。

昨年の『保護者・実践家向け合宿2019』に参加された方には、リピーター割引価格になっています

若い学生さん向けの学割価格もあります❗❗

この2日のオンライン研修に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生らのワークショップを受けることができるのです

ふるってご参加をお待ちしています

ただ、迷惑行為をされる方(された方)のお申し込みはお断りします。純粋に学びたい方のみ、お待ちしています。また、zoomなど、ある程度の通信接続の経験がある方がご参加下さい。そんなに難しくないので、詳しい人に少し教えてもらって何回か練習すれば、スマホが使える程度の方なら問題ないと思います。

ただ案内にも書かれてありますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。

あくまで受講者自身が学んで身につけて、自宅や職場で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

1冊でも多く、奥田先生の著書や2冊のマンガ、翻訳書は読んでおいて下さい

道場と違って、募集期間が短いのでお早めにお申し込み下さいませ。

こちらの申し込み方法は、案内の通り、メールでとなります。

それでは、お待ちしています。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2020.03.16

行動分析学道場2020募集開始(追記:オンライン開催となりました)

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

お待たせしました!

年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2020の募集、本日より開始いたします。

行動分析学を学びに、毎年全国から軽井沢まで来てくださいます

これまでの参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、動物関係などなど。

行動分析学をブートキャンプみたいに学びたいと仰るツワモノの主婦も来られます

行動分析学道場での出会いから協働を始めた方もおられます。多職種交流の場になっています

本日、参加者の募集を開始しました

超一流の講師陣が揃い、贅沢な3日間を過ごしていただきます

学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物看護専門職短期大学専任講師;2020年4月就任)が師範として、道場のコーチ陣と共に指導に当たられます

今回の受講生も、2つのコースから募集します。

「事例研究コース」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記から募集要項をご覧下さい。

【行動分析学道場2020】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡御代田町オンライン開催

日時:2020年8月3日(月)〜5日(水)

募集要項は、次の通りです。

ダウンロード - badojo2020pdf.pdf

オンライン開催のご案内

ダウンロード - badojo2020e382aae383b3e383a9e382a4e383b3e794a8rpdf.pdf

 

(追記)奥田先生からメッセージをいただきました。

「オンラインになりました。記念すべき初のオンライン道場です。受講生も初めてのことでしょうが師範らも道場を初めてオンラインで開催するということで、新しいチャレンジです。コーチ陣、師範らは可能な限り道場に集まり、道場から発信する予定です。今まで軽井沢まで来にくかった方も、今年は自宅で道場参加出来るのでチャンスでしょう。軽井沢まで足を伸ばすのを楽しみにして下さっていた方は、申し訳ないです。もちろん来ていただきたかったのですが、その楽しみはまた次の機会へと楽しみを残しておいて下さい。それではオンラインでお目にかかるのを楽しみにしています。」

以上、追記でオンライン開催について奥田先生からのメッセージでした。

今年から、申し込みフォームでの申込みとなりました。

お申し込みされると、自動で申込み完了となりますが正式な受理は事務局からのメールをお待ち下さい。

一般受講生用 申し込みフォーム

事例研究コース用 申し込みフォーム(4月14日追記)事例研究コース、埋まりました。残りは一般受講生のみとなります。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月17日に設定してあります。

「一般受講生」の申込み締切は6月5日です。

リピーターは費用面でも参加しやすくなっていますので、昨年参加された方はぜひ継続して学びを続けていただけるとお得です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません。

今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。人気の「事例研究コース」は募集若干名ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、これまでチャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は申込みフォームの「その他、特記事項」にその旨、明記していただければ確実です。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、簡易審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も目的も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、ぜひ1冊でも多く読んだ上でお越しいただけると学び多いことでしょう

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |

2019.07.03

家庭犬トレーニング研修キャンプ in 軽井沢2019

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動コーチングアカデミーからのご案内です

さて、こちらも毎年恒例、山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニング研修キャンプを募集開始します

奥田先生曰く、「臨床的、実践的なため、技術を身につけたい方が参加すべきキャンプ」です。

2泊3日、犬たちと仲間たちと山本央子先生らと共に暮らしながらトレーニング方法を学びます

今年で8年目になります。

山本先生のご指導によって犬とトレーナーたちが確実に変わっていきます。

飼い主&行動コーチングアカデミー学校長として奥田健次先生も参加されますが、毎回感動的だと聞いております

奥田先生からコメント、いただきました

座学では役に立ちませんね。トレーニングなのですから、実際に生きている犬たちを動かすためのトレーニングを受けないと、上達しません。

座学は「なんか聞いた、いくつか見た。出来そうな気がする」という気持ちにさせられるものですが、いつも言っているように、いくらプロのテニスプレーヤーのサーブを見ても、コートの上でやってみるまでは「出来た」とは言わないわけです。

ところが、厄介なことに座学のほうで認定証などもらえると、実力が無いのにカタチだけあるという状態になり、勘違いは余計に拡大していくことでしょう。

人間の臨床も同じようなところがあり、資格などで権威をPRすることになりがちです。

科学ならば権威をPRするよりもデータを取って、常々検証し続ける地道な作業が必要になってきます。

その点、毎年来られる学生さんたちのほうが、変なプライドみたいなのが無いために学びが大きいように見えます。

山本先生のご指導を受けて、実践力を付けたい方、自分のスキルを磨きたい方が、お越し下さい。

獣医、動物関係の職種の方々、動物のトレーナーなどを優先的に受け入れようと思いますが、今回も若干名「見学者」も募集します。ただし、見学者とて目的がはっきりしない方等はお断りする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

以上、奥田先生からのコメントでした。

こちらのキャンプの参加対象は限定です。

狭い業界のようですので、山本先生や奥田先生のお知り合いの方やご紹介の方を優先しますので、そういった紹介がもらえそうな方は、先生方にご相談してみて下さい。「誰の紹介もなければ断る可能性もあります」と、学校長である奥田先生は言っておられます。まずはご相談下さい。

募集要項やご案内、申込み方法などは次のファイルをダウンロードして下さい。

なお、昨年よりも費用が若干高くなっておりますが、昨年までは現地で徴収していた保険代、食費、懇親会費などを込みにさせていただきました。

エクセルファイルの申込書に「ハンドリング希望」または「見学者として参加希望」か、明記していただきますようお願いいたします。

費用のお支払いは申込みが受理されて参加が認められてからでお願いします。受理され、費用が確認でき次第、現地住所他のご案内をいたします。

ダウンロード - efbc92e5aeb6e5baade78aace7a094e4bfae2019e4bfaee6ada3e78988.doc

ダウンロード - e4ba8be5898de382a2e383b3e382b1e383bce38388e58f8ae7a094e4bfaee794b3e8bebce7a2bae8aa8de794a8e7b4992019e58e9fe69bb8re.xls

申込み先のメールアドレスは、上記の添付ファイルからご確認下さい。(PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(R)が必要です。 お持ちのパソコンにインストールされていない場合は、Adobeのホームページからダウンロードしてください。)

多くの方のお申し込み、お待ちしています。こちらの家庭犬トレーニング研修の申込み締切は、8月25日午後5時となっております

はじめて参加される方、まだお読みでない方は、もし入手可能なようでしたら下記の教科書を読んでおいて下さいませ

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2019.06.03

「保護者・実践家向け合宿2019」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

8月の道場のほうは締め切らせていただきました。

後先になりますが、こちらも毎年恒例、保護者・実践家向け合宿のご案内を開始します。

保護者だけでなく教員や福祉関係の専門家、心理士、医師などの専門家も参加されることがあり、ひたすら実践力を高めるための合宿としています。

毎年の目玉は「ケース研究」です📝

実際のケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらいます。その後、奥田先生の解決方法が紹介されます。

実際に行われたケースといえば奥田先生の2冊のマンガのような感じとでも言えましょうか。解決方法を知ると「コロンブスの卵」のような感覚になることも、多々あるようですね。Manga1and2

実践的な合宿を目指しているそうですが、専門家を養成するようなくらいの内容です。

心理士、学校教員、児童発達支援の実践家などが、保護者と共に学ぶ時間です。

奥田健次先生からのコメントです。

教育相談目的ではないです。でも、毎年必ず教育相談に繋げたい意図で参加される親御さんもおられます。

事実、合宿後に教育相談に繋がったケースもありました。

ただ、合宿でご自分のお子さんのケースを根掘り葉掘りと聞くような行為は、とても困ります。

1泊2日の合宿で、以降、継続的に面談していけない場合、安易に助言することは無責任だからです。

簡単に解決できる質問も多いから、本当はこちらも答えてさしあげたい気持ちになるのですが、そこは何とか無責任なことを言わないように我慢しています。

マンガ2冊だけ読んで判断するような方は、まあそもそも合宿には来ないでしょうが、センスの良い方はこうした合宿で取り上げられる「他の子への指導」から共通する方向性や方法に気づく人もおられます。

とはいえ、そんなに緊張感を持ってくる必要はありません(道場のほうは事前学習を念入りにしておくなど、緊張感を持ってきて欲しいです)。

お勧め方法は、私もそれなりに本は書いているわけですから、その著者本人に直接聞けるということでしょう。線を引いたところとか、いまいちよく理解できなかったところとか、そういう質問は大歓迎です。

毎年、申し上げていますが、すぐにクレームを言う方は来ないで下さい。

学ぶ姿勢のある、志ある方だけ来ていただいて、少人数ゼミだと思ってやりましょう。

認定証や受講証などを出すと簡単に人を集めることはできるのですが、そういった有形ではあるが「紙切れ」は勘違いの人を増殖させるばかりなので、やっていません。

無形の「手応え」「モチベーション」「ポジティブで前向きな姿勢」などを得て帰ってもらえればと願っています。

以上が、奥田先生からのメッセージでした。

経済的にも時間的にも通信教育では負担が大きすぎる方には、年にたった1度のこの合宿が大好評😃

昨年の『保護者・実践家向け合宿2018』に参加された方には、リピーター割引価格になっています

しかも、今年は若い学生さん向けには学割価格も設けました❗❗

このたった1泊2日の合宿に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生らのワークショップを受けることができるのです

ふるってご参加をお待ちしています

ダウンロード - hogosya2019pdf.pdf

ダウンロード - hogosya2019.docx

今回の奥田先生のメッセージにもありますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。

あくまで受講者自身が学んで身につけて、自宅や職場で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

1冊でも多く、奥田先生の著書や翻訳書は読んでおいて下さい

道場と違って、募集期間が短いのでお早めにお申し込み下さいませ。

それでは、お待ちしています。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

 

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2019.03.17

行動分析学道場2019募集開始(追記)

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

お待たせしました!

年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2019の募集を開始します!!

毎年、全国から多くの方々が行動分析学を学びに、軽井沢まで来てくださいます

これまでの参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、動物関係など。腰を据えて行動分析学をこの機会にしっかり学びたいという、ツワモノの主婦も来られます

行動分析学道場での出会いから、協働を始めた方もいると聞いています。多職種交流の場といえますね

本日、正式に参加者の募集を開始いたします

超一流の講師陣が揃い、とっても贅沢な3日間です

今年も、学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物専門学校/帝京科学大学)が師範として、道場のコーチ陣と共に指導に当たられます

今回の受講生も、2つのコースから募集します。

「事例研究コース」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記からダウンロードしてご覧下さい。

【行動分析学道場2019】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡御代田町

日時:2019年8月5日(月)〜7日(水)

内容等、下記のファイル(word)をダウンロードしてご覧下さい(直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい)。 Wordがどうしても使えない場合、PDF版をダウンロードして手書きされたものを添付ファイルにてご提出下さい。

バスツアー代や懇親会費、保険代など、これまでは現地で徴収していましたが、今年からはすべて込みにしています(当日、お支払いいただく必要はなくなりました)。

ぜひ、師範らやコーチ陣、受講生と揃って軽井沢の街を散策したり、懇親会で親交を深めたりしていただければと思います

毎年、熱心な受講生は先生方の本を持ってきて、直接質問して来られるのだそうです。合宿の良いところですね

それと、今年は月曜から水曜となっています。移動日が必要だった方にとっては、参加しやすくなったかもしれません。

※締め切りました(6月1日)

ダウンロード - badojo2019rpdf.pdf

※お申し込みの方へ:申込みメールの本文に「事例研究コースとして参加希望」か「一般受講生として参加希望」か、明記して下さいますようお願い申し上げます。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月26日に設定してあります。別途、確認同意書もお送りいただくことになります。ダウンロードしたファイルの最後にありますので、ご確認下さい。

「一般受講生」の申込み締切は5月31日です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません(4月には保護者・実践家向け合宿2019のご案内も予定しています)。今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。

人気の「事例研究コース」は募集若干名ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、これまでチャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は、そのことも記載していただければ確実です。※追記:事例研究コースは定員を満たしましたので募集を終了します。一般受講生は、引き続き募集しています。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、書類審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきます

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2018.09.21

新刊!『教師と学校が変わる学校コンサルテーション』

372579_3

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

すでに奥田先生のブログのほうでご紹介がありましたが、こちら旧ブログのほうでも告知いたします

奥田健次(編著) ハンディシリーズ 発達障害支援・特別支援教育ナビ

教師と学校が変わる学校コンサルテーション

金子書房より、発売となりました

目次を見てみましょう

第1章 教師・支援者のための学校コンサルテーションのすすめ……奥田健次

第2章 学校コンサルテーションの意義…………………………島宗 理

第3章 学校コンサルテーションとSchool-wide Positive Behavior Support(SWPBS)……大久保賢一

第4章 基礎学力向上のための学校コンサルテーション……野田 航

第5章 通常学級における学校コンサルテーション…………大対香奈子

第6章 特別支援学校における学校コンサルテーション……田中清章

第7章 保育所や幼稚園に対するコンサルテーション……猪子秀太郎

第8章 学校コンサルテーションを成功に導くために………奥田健次

第9章 コンサルテーションの事例から

[1]強度行動障害の発達障害生徒への支援―「暴力ゼロ」への取り組み ……日野浩志

[2]強度行動障害の発達障害生徒との「距離感」を取るための支援 ……前野宏行

[3]自閉スペクトラム生徒の他者との適切な関わり方の支援…高津 梓

[4]学校コンサルテーションにおける教師と保護者の行動変容―長野県の特別支援学校の事例研究会から……上條くる美・青木高光

[5]療育センターでの事例―コンサルテーションを受けた保育士による親子支援……笹田夕美子

奥田先生から、コメントをいただきました

今回は教科書です。自分は大学を退職したけれども、普通に講義でも使えるようにと思って、編集しました。教科書というか、参考書ですね。

この学校コンサルテーションは、本当に魅力的な仕事なんですよ。その魅力については、昨年フジテレビで放送されたドキュメンタリーでも取り上げられてます。

執筆陣が脂の乗りきった面々です。それぞれ得意分野を書いてくれていますので読んでいて安心感がありますよ。

何より、島宗先生が書いて下さったのが有り難い。徳島モデルの産みの親ですからね。こんな感じで1冊にまとまりました。もちろん、この1冊ではとても纏めきれないほどの取り組みがあるのですけれどもね。

現場の先生方はもちろんですが、保護者にも読んでいただきたいです。私個人としては教育相談の開始年齢を引き下げているため、年齢が大きくなって相談を受けられない方々のためにもと思っているのです。

今でも毎週のように教育相談の申込みがありますが、多くは開始年齢を大きく超えています。直接は相談を受けられないですが、学校コンサルテーションが実現するとそれを経て私が学校を訪問し(たとえ謝金なしでも)、教師と共に問題解決を図ります。

良き現場の教師・実践家が増えるためには、謝金など不要なのです。講演会などでは謝礼をいただきますけどね。

学校コンサルテーションが各地に拡がることを期待しています。

保護者の方々には、第9章のコンサルテーション事例から読んでみるのも良いかもしれません。すべて私がコンサルタントとして関わった実践事例です。

読んでみてみてみてねー!

以上、奥田先生からのコメントでした

なお、ちなみに奥田先生主演の昨年のドキュメンタリーは、フジテレビNONFIXです。[奥田健次 NONFIX]で動画検索すると、動画が見つかるかもしれません(あくまで個人の責任でご覧下さい)。

そして、この新刊ですが

なんと

発売日を待たず、予約注文だけで売り切れとなって重版となりました

これについて、奥田先生がひとこと

でしょうねー。こんな豪華なんやから、当然でしょ。

事務局のワタクシ、さっそく拝読しましたが至極納得です

きっと実践の参考にも、保護者にとっても励みにもなるでしょうから、ぜひ読んでみて力づけていただきましょう

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |

2018.07.16

家庭犬トレーニング研修キャンプ in 軽井沢2018

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動コーチングアカデミーからのご案内です

さて、今年も毎年恒例となっております山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニング研修キャンプのご案内です

今年も山本央子先生のご厚意で開催されます

奥田先生曰く、「もっとも臨床的、実践的なキャンプ」です。2泊3日、犬たちと共に暮らしながらトレーニング方法を学びます

今年で7年目になりますが、山本先生のご指導によって犬とトレーナーたちが変わっていくのを実感でき、いつも大好評をいただいております

詳しくは、奥田先生からコメントを先にいただいていますので、ご覧下さい

動物の業界では、露骨に権威主義があって、そういうのは2泊3日の合宿だけでも何度か感じることがあります。

資格などで権威付けするような世界ですから。

また研修会で「誰それの(有名な先生の)指導を受けた」とか。

人間の臨床の世界でも同じようなものですけども。

でも、それって科学でもなんでもない。

いま、ここにいる犬の前で、何ができるか?

紙切れの資格では、何もできませんよ。

山本先生のご指導を受けて、実践力を付けたい方、自分のスキルを磨きたい方がお越し下さい。

獣医、動物関係の職種の方々、動物のトレーナーなどを優先的に受け入れようと思いますが、今回も若干名「見学者」も募集します。ただし、見学者とて目的がはっきりしない方等はお断りする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

このキャンプの参加対象は限定しています。狭い業界のようですので、山本先生や奥田先生のお知り合いの方やご紹介の方を優先しますので、そういった紹介がもらえそうな方は、先生方にご相談してみて下さい。「誰の紹介もなければ断る可能性もあります」と、学校長である奥田先生は言っておられます。

まったく新規の方は、奥田先生の上記のお言葉の通り、受講を認められない場合もございます

募集要項やご案内、申込み方法などは次のファイルをダウンロードして下さい。

申込みの段階で「ハンドリング希望」または「見学者として参加希望」か、明記していただきますようお願いいたします。

費用のお支払いは申込みが受理されて参加が認められてからでお願いします。受理され、費用が確認でき次第、現地住所他のご案内をいたします。

※定員を満たしたため、募集を締め切りました。(追記:8月16日)

申込み先のメールアドレスは、上記の添付ファイルからご確認下さい。(PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(R)が必要です。 お持ちのパソコンにインストールされていない場合は、Adobeのホームページからダウンロードしてください。)

多くの方のお申し込み、お待ちしています。こちらの家庭犬トレーニング研修の申込み締切は、8月20日午後5時となっております

はじめて参加される方、まだお読みでない方は、もし入手可能なようでしたら下記の教科書を読んでおいて下さいませ

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |

2018.06.06

「保護者・実践家向け合宿2018」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

 

 

 

 

毎年恒例、保護者向け合宿のご案内となります。

 

毎年、保護者だけでなく教員や福祉関係の専門家、心理士、医師などの専門家も参加されていますので、ずっと1年目から「実践家向け」と、奥田先生は仰ってました。

 

そこで、今年は「保護者・実践家向け合宿」と少し名称を変更しました

 

そして、今年も「ケース研究」をやるとのことです。

 

実際にあったケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらいます。それから奥田先生の解決方法が紹介されます。専門家を養成するようなコースみたいでとても実践的と、大好評なのです

 

 

 

 

心理士、学校教員、児童発達支援の実践家などが、保護者と共に学ぶ時間です。

 

 

 

 

奥田健次先生からのコメントです。

 

マンガが電子書籍化され、好き勝手なレビューにいつになく辛口で

 

今年もケース研究、やります。

毎年、言ってますが、すぐにクレームを言う方は来ないで下さい。100%学ぶ姿勢を求めます。

 

学ぶ姿勢のある、志ある方だけで少人数ゼミみたいにやりたいです。

 

なんか、マンガの電子書籍が売れているのはマーケットとしては嬉しいことですが、読者層のレベルが下がってしまって、それについては腹立たしいもんですね。

 

一億総レビュワーなのかね。阿呆でも書けるわな。

 

星1つ付ける奴なんて、ただのヘイターなんやろね。Amazonでもそう思うわ。そもそも匿名なんてのはトイレの落書きと同じやん。

 

ま、エビデンスも知らない阿呆がたくさんいるわけで。マンガだけでなく活字も読めばええけど、まあそれが出来ないからマンガなんやな。

 

マンガやけど、2冊ともノンフィクションなんやで。それを「ありえない」とか言うのはエビデンスの否定やんか。

 

まあ、うちに来る保護者らには行動分析学の科学を学んでもらいましょう。

 

チャンスがあれば動画も視てもらって。

 

ほんま、せやけど誰でも好き勝手に発言権を与えるのは、世の中を悪くする一方やね。

 

データに基づいて議論していかんと、阿呆の思ってる「民主主義」では小学校の学級会レベルで、世の中ほんまに悪くなる。

先生、いつも毒舌ですが最近は丸くなるどころか余計にエッジが

 

「合宿の呼びかけに、これで大丈夫ですか?」と確認しましたが、「これでも抑えめにしてるんやで! このままでええがな! ヒューマンだもの!」とのお返事

 

社会人として大学に入り直したり通信教育を受けるまでは経済的にも時間的にも負担が大きすぎる方などに、年に1度の大人も学ぶことのできるこの合宿、毎年好評です。

 

昨年の『保護者向け合宿2017』に参加された方には、リピーター割引価格になっています

 

このたった2日の合宿に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生のワークショップを受けることができるのです 仁藤先生のワークも毎年好評です

 

ふるってご参加をお待ちしています

 

※締め切りました

 

 

 

案内にもありますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。あくまで、受講者自身が学んで身につけて、自宅や職場で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の合宿の事前課題として指定されている教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

 

話題になっている奥田先生の2冊のマンガはもちろん、読んでおいて下さいませ。でも、マンガだけだと合宿で奥田先生の逆鱗に触れることになるでしょうから、ぜひ著訳書を読んで来られることを推奨します

 

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

 

 

 

Posted by 事務局 お知らせ |

2018.03.13

行動分析学道場2018募集開始

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

年に1度の恒例イベント、行動分析学道場2018の募集を開始します!!

全国から多くの方々が行動分析学を学びに、軽井沢まで足を運んで来られます

これまでの参加者は、心理士、教員、保育士、医師、医療、福祉関係、行政関係、動物関係など。

全国各地から行動分析学に強い関心をもつ専門家が集まり、多職種交流の場にもなっています。

本日、正式に参加者の募集を開始いたします

超一流の講師陣が揃い、とっても贅沢な3日間です

学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生(星槎大学)、島宗理先生(法政大学)、そしてゲスト講師に山本央子先生(ヤマザキ動物専門学校/帝京科学大学)が師範として、道場のコーチ陣と共にご指導下さいます

今回の受講生も、2つのコースから募集します。

「事例研究コース」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記からダウンロードしてご覧下さい。

【行動分析学道場2018】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2018年8月7日(火)〜9日(木)

内容等、下記のファイル(word)をダウンロードしてご覧下さい(直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい)。 Wordがどうしても使えない場合、PDF版をダウンロードして手書きされたものを添付ファイルにてご提出下さい。

※締め切りました

※お申し込みの方へ:申込みメールの本文に「事例研究コースとして参加希望」か「一般受講生として参加希望」か、明記して下さいますようお願い申し上げます。

※「事例研究コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月27日に設定してあります。別途、確認同意書もお送りいただくことになります。ダウンロードしたファイルの最後にありますので、ご確認下さい。

「一般受講生」の申込み締切は5月24日です。

※すべて締め切りました

※まだ手続き後にメールを送っておられない方、事務局からのメールが届いておられない方は、ご連絡を下さいませ。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難かもしれません(4月には保護者向け合宿2018のご案内も予定しています)。今回の事例研究コースもすべて『じぶん実験』に限ります。

人気の「事例研究コース」は募集若干名ですので、迷っておられるうちに定員で埋まってしまいますので、昨年チャンスを逃した方はお早めに。

事例研究コースに入れなかった場合、一般受講生でも構わない方は、そのことも記載しておいていただければ幸いです。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、書類審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきます

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |