2016.07.14

家庭犬トレーニング研修2016 in 西軽井沢

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動コーチングアカデミーからのご案内ですhappy01

毎年恒例、山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニング研修キャンプが今年も9月に開催されますsign03

行動コーチングアカデミーの数ある合宿の中で、もっとも実践的なキャンプと言われております。合宿の期間中、24時間共に暮らしながらトレーニング実践を行うんだそうですdog

今回5回目ですが、山本先生のご指導によって毎回、犬やトレーナーたちが短期間で変わっていくのが実感できますhappy01

詳しくは、奥田先生からコメントを先にいただいていますので、ご覧下さいshine

犬の業界ですが、どうも資格をちらつかすだけの人が多いようですね。研修マニアが資格集めているけれども、そんな資格は研修を受けていればいずれ取れるものばかり。それでは技術をまったく保障しませんね。療育の業界とそっくりです。

そんなわけで、うちの行動コーチングアカデミーの研修は技術の向上を第一にしていますので、逆に資格などの紙切れは発行しません。

うまくなりたい方、自分のスキルを磨きたい方がお越し下さい。

獣医、動物関係の職種の方々、動物のトレーナーなどを優先的に受け入れようと思いますが、今回も若干名「見学者」も募集します。ただし、見学者とて目的がはっきりしない方等はお断りする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

このキャンプは、参加対象はかなり限定的です。狭い業界のようですので、山本先生や奥田先生のお知り合いの方やご紹介の方を優先しますので、そういった紹介がもらえそうな方は、先生方にご相談してみて下さい。

まったく新規の方は、奥田先生の上記のお言葉の通り、目的がはっきりしないなどの場合、受講を認められない場合もございますpaper

募集要項やご案内、申込み方法などは次のファイルをダウンロードして下さい。

申込みの段階で「ハンドリング希望」または「見学者として参加希望」か、明記していただきますようお願いいたします。

費用のお支払いは申込みが受理されて参加が認められてからでお願いします。受理され、費用が確認でき次第、現地住所他のご案内をいたします。

「kateiken2016.pdf」をダウンロード

「2016re.xls」をダウンロード

申込み先のメールアドレスは、上記の添付ファイルからご確認下さい。

多くの方のお申し込み、お待ちしています。こちらの家庭犬トレーニング研修の申込み締切は、8月20日となっておりますend

はじめて参加される方、まだお読みでない方は、もし入手可能なようでしたら下記の教科書を読んでおいて下さいませbook

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと |

2016.06.22

『サマースクール2016 in 西軽井沢』 一般募集開始しました!(追記あり)

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

保護者向け合宿に続いてのご案内ですshine

今年は4年ぶりに軽井沢で『サマースクール』を開催します。前回は2012年に徳島ABA研究会のスタッフをお招きし、徳島で毎年開催しているサマースクールを西軽井沢に出前してもらいました。

今回も徳島ABA研究会のスタッフ数名と、そして奥田先生の研究室スタッフ数名コラボで開催されますhappy01

今年は、奥田先生のたっての願いで長野県の教員や専門職の方々に優先的に参加していただけるよう、長野県には先行募集をかけていました。

本日より、全国からご希望の方々の募集を開始しますsign03

案内にありますように、原則的に教員や支援者を対象にしています。幼稚園教諭や保育士、心理士、福祉関係など、指導や支援に携わっておられる方も対象です。

このサマースクールは保護者対象ではありませんので、保護者合宿のほうをお申し込み下さいませnote

保護者合宿のお申し込みご案内は、こちらをご覧下さい。まだ募集しておりますsign01

もし、募集締め切りが近づいて空きがあれば保護者にも募集を呼びかける可能性もあるとのことです。締め切りを延長しました。あと若干名、募集いたします。教員以外の支援者も受講可能です。お待ちしております。(保護者への募集はまだ行いません)

奥田健次先生からのコメントですpencil

このサマースクールですが、全国から徳島県に一番教員を送り込んできたのは私だということです。あちこちの講演会、研修会でご紹介して来ましたとおりです。

全国から徳島に人は集まるのですが、徳島の外でこの素晴らしいイベントが広がっていかないことをずっと残念に思っていて、4年前に自腹を切って徳島から多くのスタッフを講師としてをお招きしました。大好評でしたが、それでも徳島県外に撒かれた種が芽を出して定着するまでには至りませんでした。

ただ今回は、長野県で同じような志を持つ教員集団との出会いもあって、その先生方に直接このサマースクールを通して、これが長野県で単発のイベントではなく定着して地域貢献していける可能性が見えてきました。

そんなわけで、もう一度、私が一念発起して開催することにしたのです。

長野県内の教員に1名でも多くご参加いただきたいのですが、行動分析学道場と同じように恐らく全国から教員が集まることでしょう。

ミツバチの花粉が花畑を拡げていくようなイメージです。良いものは拡大しよう。待っていても広がりませんでした。待つのはやめて、効果的な方法で誰かが動けば良い。その役割を私が担おうと思います。大学を早期退職までしたんですから、そりゃやること全部本気ですよ。笑

サマースクールの特徴は、研修時間の約半分がワークです。話を聞く時間がかなり少なくて、とにかく学習者が行動してスキルを身につけて行きます。

自称「文系」で数字が苦手という教員でも、たったこの2日のプログラムで行動を数えることができるようになります。

ぜひ、ご都合をつけてサマースクールにお越し下さい。

先生からのメッセージは以上の通りですsign01

ふるってご参加をお待ちしていますsign03

「ss2016karuizawa.docx」をダウンロード

「ss2016karuizawapdf.pdf」をダウンロード

(ワードファイルがうまくダウンロードできない場合、PDFファイルのほうをご利用下さい)

用語など参考になる教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2016.06.10

「保護者向け合宿2016」のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

今回は、保護者向け合宿のご案内ですshine

今年の目玉は「保護者向けケース検討会」ということになりますsign03

実際にあったケース(よくあるケース)から、参加者全員に考えてもらって、それから奥田先生の解決方法を紹介するような、まるで専門家育成のためのコンテンツflair

過去には、保護者だけでなく専門家の参加もありましたので、みなさんであれこれと考えてみてくださいsign03

奥田健次先生からのコメントです。

聞いて学ぶ、やってみて学ぶ。そして、考えてみる。それから家へ帰ってやってみる。すばらしい。以上。笑

先生からのメッセージは以上ですcoldsweats01

社会人として大学に入り直したり通信教育を受けるまでは経済的にも時間的にも負担が大きすぎる方などに、年に1度の大人も学ぶことのできるこの保護者合宿、毎年好評です。

昨年の『保護者向け合宿2015』に参加された方には、リピーター割引価格になっています。 この2日だけの合宿に参加すれば、奥田先生のご指導や仁藤先生のワークショップを受けることができるのですhappy02

ふるってご参加をお待ちしていますsign03

「hogosya2016pdf.pdf」をダウンロード

「hogosya2016.docx」をダウンロード

(ワードファイルがうまくダウンロードできない場合、PDFファイルのほうをご利用下さい)

ただし、案内にも書かれていますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。あくまで、保護者自身が学んで身につけて、自宅で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

今回の合宿の事前課題として指定されている教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

他にも、奥田先生の図書類を読んでおられることを推奨します。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2016.03.30

行動分析学道場2016募集開始

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

恒例の行動分析学道場の募集を開始しましたnewshine

毎年、全国から多くの方々が行動分析学を学びに、軽井沢まで足を運んで下さいますhappy01

これまで、心理士や教員だけでなく、医師や社会福祉関係、行政関係、動物関係などなど、全国各地の専門家の出会いと交流の場にもなっています。

本日、正式に参加者の募集を開始いたしますsign03

超一流の講師陣が揃って、とても贅沢な3日間ですshine

学校長の奥田健次先生、杉山尚子先生、島宗理先生、そしてゲスト講師に山本央子先生が師範として、道場のコーチと共にご指導を行っていただきますsign03

今回の受講生も2つのタイプに分けます。

「事例研究初級コース」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記からダウンロードしてご覧下さい。

【行動分析学道場2016】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2016年8月8日(月)〜10日(水)

内容等、下記のファイル(word)をダウンロードしてご覧下さい(直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい)。

※3月31日にURLについて追記しました。

「BAdojo2016r.doc」をダウンロード

※お申し込みの方へ:申込みメールの本文に「事例研究初級コースとして参加希望」か「一般受講生として参加希望」か、明記して下さいますようお願い申し上げます。

※「事例研究初級コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを5月2日に設定してあります。別途、確認同意書もお送りいただくことになります。ダウンロードしたファイルの最後にありますので、ご確認下さい。

「一般受講生」の申込み締切は5月25日です。

※4/26追記

「事例研究初級コース」は、あと1名で締め切りとなります。これから「事例研究初級コース」をお申し込みの方は、下記の通り、「事例研究初級コース希望だが、定員オーバーになったら一般受講生として希望」と明記して、お申し込み下さいませ。「一般受講生」は、引き続き募集しております。

※事例研究初級コースの申込みは終了しました。「一般受講生」は、引き続き募集しております。

※すべてのお申込みは定員となりましたので終了しました。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。一般の主婦や保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難な感じがしますが、今回の事例研究初級コースもすべて『じぶん実験』に限ります。

毎年、自分の恥ずかしいクセ直しとかで「事例研究初級コース」を受けてみようかな、とかワタクシも思いますcoldsweats01

昨年の実績では、事例研究初級コースは若干名ですので、すぐに定員が埋まってしまうことでしょう。事例研究初級コースがあぶれた場合、一般受講生でも構わない方は、そのことも記載しておいていただければ幸いです。

申込み者すべてが参加出来るものではなく、書類審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきますshine

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2015.06.07

保護者向け合宿2015のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

今年も保護者向け合宿、開催されることになりましたshine

ご案内をこちらにアップいたしましたmemo

昨年までの保護者向け学生向けの合宿も大好評で、全国各地から奥田先生の方法や行動分析学の基礎を学びたいという保護者が集まりましたhappy01

また専門家を目指す学生さんの参加もありましたgoodshine

ご案内のPDFファイルは、次からダウンロードして下さい。定員を満たした時点で募集を停止いたします。

「hogosya2015.pdf」をダウンロード

奥田健次先生からのコメントです。

今年は演習やワークだけでなく実習も入れるつもりです。実演します。ただし、「うちの子はまだ無理」とか「うちの子は、そんなのはもう出来ているし参考にならない」という姿勢の人は、申し込んでこないで下さい。教育相談が目的ではないからです。原理や応用例を学んで、頭を柔らかくしてもらいたいと思っています。

毎回お伝えしていますが、お子さんや特定の子どもについて相談を目的としたご参加は固くお断りします。

定期的な相談と、合宿とは目的も機能もまったく異なるからです。

夕食会や懇親会とかは楽しくやりましょう。マンガ版アスペルガー先生の貴重な原画など、スペシャルなものもご覧頂けます。笑

先生からのメッセージは以上です。

社会人として大学に入り直したり通信教育を受けるまでは経済的にも時間的にも負担が大きすぎる方などに、年に1度の大人も学ぶことのできるこの保護者合宿を楽しみにしてくれている人もいると聞いています。

昨年の『保護者向け合宿2014』に参加された方には、リピーター割引価格になっています。 この2日だけの合宿に参加すれば、奥田先生のご指導を受けることができるのです。また、大好評だった仁藤先生のワークショップもお楽しみにして下さいhappy02

ふるってご参加をお待ちしていますsign03

ただし、案内にも書かれていますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。あくまで、保護者自身が学んで身につけて、自宅で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

今回の合宿の事前課題として指定されている教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

他にも、奥田先生の図書類を読んでおられることを推奨します。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2015.03.29

行動分析学道場2015募集開始

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

毎年恒例となり、大好評をいただいております行動分析学道場のお知らせですnewshine

これまでの行動分析学道場には、全国から多くの方々が行動分析学を学びに軽井沢まで来て下さいましたhappy01

昨年には、地元の学校教員の参加もありまして、地元と全国各地の専門家の出会いや交流の場にもなっているようです。

今年は、昨年までよりも早い時期に開催することになりました。本日、正式に参加者の募集を開始いたしますsign03

これまで同様、超一流の講師陣が揃って、とても贅沢な3日間となりますshine

学校長の奥田健次先生はじめ、杉山尚子先生、島宗理先生、そしてゲスト講師に山本央子先生にお越しいただきますsign03

今回の受講生も2つのタイプに分けます。

「事例研究初級コース」と「一般受講生」の2つです。

詳しい内容は、下記からダウンロードしてご覧下さい。

【行動分析学道場2015】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2015年8月4日(火)〜6日(木)

内容等、下記のファイル(word)をダウンロードしてご覧下さい(直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい)。

「badojo2015.doc」をダウンロード

※お申し込みの方へ:申込みメールの本文に「事例研究初級コースとして参加希望」か「一般受講生として参加希望」か、明記して下さいますようお願い申し上げます。

※「事例研究初級コース」については事前指導を受けていただく関係上、申込み締め切りを4月28日に設定してあります。別途、確認同意書もお送りいただくことになります。ダウンロードしたファイルの最後にありますので、ご確認下さい。

「一般受講生」の申込み締切は5月20日です。

少し敷居を高く感じておられる方は、「一般受講生」として参加することができます。ワタクシのような一般の主婦というか保護者などは「一般受講生」として参加しておいたほうが無難な感じがしますが、今回の事例研究はすべて『じぶん実験』に限るそうです。

でしたら、ワタクシも自分の恥ずかしいクセ直しとかで「事例研究初級コース」を受けてみようかなとも思いますcoldsweats01

申込み者すべてが参加出来るものではなく、書類審査にてお受けできない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。教育相談目的や起業目的、あるいは仕事も明確でない方のご参加もお断りする方針となっています。

講師陣の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきますshine

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2014.07.29

家庭犬トレーニング研修 in 西軽井沢2014のお知らせ

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

行動コーチングアカデミーでは、今年も山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニング研修キャンプが開催されますsign03

いろいろな合宿があるのですが、その中でもっとも実践的なキャンプがこの家庭犬の研修だと言われています。なぜなら、この合宿の期間中、近隣の保護団体等から犬を数頭お借りして、24時間共に暮らすからです。

1年目、2年目ともに、山本先生のご指導がとても的確で、犬やトレーナーたちが短期間で変わっていくのですsign03

詳しくは、奥田先生からコメントを先にいただいていますので、ご覧下さいshine

今年も山本央子先生のご指導による家庭犬トレーニングキャンプを開催することになりました。

一昨年、これを開催したときには家庭犬の指導の現場で行動分析学の専門用語が広まっているものの、その専門用語の理解も不十分で、かつ実践の方がおろそかな人が結構いました。実践が不十分なのを専門用語の習得で誤魔化そうというのでしょうか。

ま、同じようなことは、たとえば大学教員の中にもそういう人はいますけれども。そういうのを「評論家」と言います。

しかし、一部で「私は目の前の犬を何とかしたい!」と強い気持ちのプロがいることも知りました。こういう一部の方々は山本先生のところに集まって、実践的な修行を続けているようです。すばらしいことです。

私は飼い主であって、犬を教える専門家ではないのですが、山本先生の目標の立て方や行動修正の技術などから、毎回学ばせてもらっています。一生修行を続けること、そして優れた他の専門家の技術から学ぶこと。今年いちばんのワクワクです。

獣医、動物関係の職種の方々、動物のトレーナーなどを優先的に受け入れたいと思いますが、今回は若干名「見学者」も募集します。ただし、見学者とて目的がはっきりしない方等はお断りする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

我こそは家庭犬のために、という方々のお申し込みをお待ちしています。

このキャンプは、参加対象となる方がかなり限定されていますので関係者にしか告知していませんでしたが、まだ若干の余裕がありますので、ご案内させていただくことになりましたsun

募集要項やご案内、申込み方法などは次のファイルをダウンロードして下さい。

申込みの段階で「ハンドリング希望」または「見学者として参加希望」か、明記していただきますようお願いいたします。そして、費用のお支払いは申込みが受理されて参加が認められてからでお願いします。

「2014.doc」をダウンロード

「2014.xlsx」をダウンロード

申込み先のメールアドレスは、上記の添付ファイルからご確認下さい。

多くの方のお申し込み、お待ちしています。こちらの家庭犬トレーニング研修の申込み締切は、8月12日となっておりますend

はじめて参加される方は、もし入手可能なようでしたら下記の教科書を読んでおくことが望ましいとのことでしたbook

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育 |

2014.07.19

【新刊】拝啓、アスペルガー先生 ―私の支援記録より(飛鳥新社)【予約開始!!】

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

奥田健次先生の新著new、飛鳥新社さんから拝啓、アスペルガー先生 ―私の支援記録よりが、近日中に発売されますsign01sign01sign01

このタイトル、めっちゃ読みたくなりますhappy01

今回は奥田先生のブログでの発表が先になりましたnote

前々から告知されていましたが、雑誌『アスペハート』(アスペ・エルデの会刊)で連載されていた中から、選り抜きして単行本化したそうです。選り抜いただけでなく、より具体的に思い切って加筆されたとのこと。とっても楽しみですsign03

奥田先生から、こちらの旧ブログ用にいただいたばかりのコメントです。ちょっと長いよっcoldsweats01

教科書でもない、子育て本でもない。読み物として小説っぽく読めるかもしれませんが、すべて実際に出会った子どもたちの記録に基づいています。心がけたのは、出てくる親子や私の様子が目に浮かぶように書くということ。

出版社の担当者らは感動して何度もウルっとヤバかったらしいのですが、自分としては「どして? なるべくしてなってるし? あ、もしかして親子が喜んでいる姿に反応してるのね?」ってな具合です。その変化はその都度うれしいですよ。でも、その変化は計画通りなので、実行している自分的には「よっしゃ完成! 次!」という感じですかね。

いくらでも繰り返せるのですが、どうしても読者の中には「うまくいった事例ばかり載せている」と批判する人って出てくるのですが、今回なんか特にそうでしょうね。そういう方は知識と経験が足りなさすぎるということです。分野が違うと、分からないと言えばそれまでですが、でも学会の学者でもそういう素人同然なことを言う人がいますからねえ。

たとえばそれは、プロのピアニストに「これから『ドミソド』の和音をアルペジオで弾いて下さい、絶対にミスタッチしないように!」とお願いするくらい、失礼かつアホなことと同じです。ピアニストからすれば「馬鹿か、お前! なめんなよ!」ってなものです。

ピアニストが難しい曲を難なく弾くように、教室に入れない子どもを教室に入れる方法があるということです。

逆に俺は、むしろなかなか上手く計画通りに行かない事例があれば、そっちのほうこそ学会発表したり研修会で紹介したりしたくなります。どうやって計画変更してうまくいったか、あるいはなぜ終結するに至ったかを発表するのに恐れがありません。

ピアノのことがまったく分からない人にとって、たかだか片手で基本の和音を鳴らすことすら「すごい!」と思うのでしょうが、人の臨床だって同じですよ。「たまたまうまくいったんでしょ」などと発想すること自体が愚かしい。

今回の新刊ですが、実際にあっちこっちで『さじをなげられた子』がたくさん出てきます。それを、いとも簡単に「ドミソド」を鳴らすくらい簡単に変えたか、ご覧頂けると思います。まあ、あちこちで直らなかった子どもたちですので「ドミソド」どころか、実際にはリストの超絶技巧の曲をさらりと弾いているのかもしれませんけどね。

海外で定期的に教育相談をやっている事例も紹介しています。

ところどころ、子どもたちの反応がチャーミングです。

タイトルに「アスペルガー」と入れていますが、アスペルガー症候群の事例に限っていません。自閉症、LD、ADHD、中には定型発達の子どもの事例も入っています。中学生くらいでも、発達支援の理解を深めるために役立てられるだろうと。あるいは、発達障害の子を持つ家族のストレスや悩み、そこから成長していく姿などを読み取ることもできるかもしれません。

色んな読み方ができるので、自分のキャリアの中ではこれはまったく新しいタイプの本となりました。

お楽しみ下さい。

ニュータイプの本ですかflair

ってか、長っcoldsweats01

にしても、ホント楽しみですねぇhappy02

下記のリンクから、予約申し込みができますpc

書店では売り切れですぐに揃わないかもしれませんので、早めのご予約がお勧めです。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2014.06.29

行動分析学道場2014

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

昨年、一昨年に引き続きまして、行動分析学道場のお知らせですnewshine

昨年の行動分析学道場も全国から多くの方々が行動分析学を学びに軽井沢まで来て下さいましたhappy01

今年はさらに中身をリニューアルしました。すでに、日程と内容について部分的に告知してきましたが、いよいよ正式に参加者の募集を始めましたsign03

講師陣は、これまで同様に超一流の先生方が揃って、とても贅沢な3日間となりますshine

学校長の奥田健次先生はじめ、杉山尚子先生、そして島宗理先生です。そして、ゲスト講師は今年も山本央子先生にお越しいただきますsign03

参加者の声で最も多かったのが「大学の集中講義やスクーリングと違ってゼミの合宿みたいで濃厚だった」というものでした。

さて、今回の受講生についてですが明確に2つのタイプに分けることにしました。

「プロ受講生」と「一般受講生」の2つです。

※プロ受講生は定員となりましたので受付を終了しました。

詳しい内容は、下記からダウンロードしてご覧下さい。

【行動分析学道場2014】

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2014年8月18日(月)〜20日(水)

内容等、下記のファイル(word)をダウンロードしてご覧下さい(直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい)。

「BAdojo2014.doc」をダウンロード

※お申し込みの方へ:申込みメールの本文に「プロ受講生として参加希望」か「一般受講生として参加希望」か、明記して下さいますようお願い申し上げます。

※「プロ受講生」については事前に島宗先生のご指導を受けていただくことと人数把握の関係上、申込みの締切を7月29日とさせていただきます。申込みが早ければ早いほど十分なご指導を受けていただけますので、ご検討中の方はお早めにお申し込み下さい。「一般受講生」の申込み締切は8月8日です。

奥田健次先生から、メッセージをいただきました。

今年は2つの受講生タイプに分けていますので、自信がそれほど無いけど参加しながら行動分析学の奥の深さを学んでいきたいという方でも参加しやすいようになっています。そういう方は「一般受講生」としてお申し込み下さい。

専門職に就いており、どうせ参加するなら何らかの具体的な達成目標を掲げて身につけて帰りたいという方は「プロ受講生」としてお申し込み下さい。

プロ受講生のほうは、主に島宗先生が事前課題から当日の指導まで、懇切丁寧にご指導を担当して下さいます。もちろん、全体のプログラムについても参加でき、すべての講師陣からの指導を受けることもできます。

プロ受講生は、具体的には「事例検討の方法」について学んでいただくことに特化しています。申込み多数の場合は、プロ受講生として希望されても一般受講生のほうに回っていただくこともありますので、あらかじめご了承下さい。

イメージとしては、ボクシングのジムでプロとして試合に出る方と、試合には出ないけどボクシングやエクササイズが好きで楽しみを体験したり共有したりしたい人を分けるような感じです。

リピーターも参加しやすくしていますので、年1回の修行を習慣にしたいという方も歓迎します。

全国からいろいろな立場の方が来られます。昨年同様、同志との交流もお楽しみ下さい。

参加の躊躇が無くなりますねshine

敷居を高く感じておられた方は、「一般受講生」として参加することができます。ワタクシのような主婦というか保護者などは「一般受講生」として触れておきたいなという感じです。いえ、もしかしたら保護者でも「プロ受講生」として参加チャレンジするのもアリかもしれませんね。

ただし、断り書きがありますように「教育相談や起業相談等を目的とした方のご参加は、固くお断りいたします」とのことですので、そういう方のご参加はご遠慮いただきます。また、保護者でもなく仕事も明確でない方のご参加もお断りする方針です。

先生方の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきますshine

特に、島宗理先生の新著「使える行動分析学-じぶん実験のすすめ」は必ずしっかり読んでおいて下さい。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2014.06.03

保護者向け合宿2014のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部(旧ブログ)の事務局です。

さて、今回は合宿のお知らせです。

奥田先生のダイヤモンドブログのほうで先に日程だけ通知されていましたが、本決まりとなりましたご案内をこちらにアップしております。

昨年の保護者向け学生向けの合宿も大好評で、全国各地から奥田先生の方法や行動分析学の基礎を学びたいという保護者が集まりました。また一般の社会人や、教育関係の学生さんの参加もありました。

ご案内のPDFファイルは、次からダウンロードして下さい。

※受付は終了しました。

定員を満たした時点で募集を停止いたします。

奥田健次先生からのコメントです。

昨年、一昨年と保護者向けの合宿をやらせていただきました。

昨年の内容よりもさらに新しい講義や演習を増やしましたので、より実践に活かせるアイデアを得ていただけるだろうと思っています。それなりに費用がかかりますから、きっとしっかり学ぶ姿勢の方ばかりでしょう。

ただし、お子さんや特定の子どもについて相談を目的としたご参加は固くお断りします。定期的な相談と、合宿とは目的も機能もまったく異なるからです。

夕食会や懇親会とかは楽しくやりましょう。

その頃までに、1冊本が出ているかもしれません。参加者には、それらの本の作成秘話など、ブログに書けないようなお話も出るかもしれません。

先生からのメッセージは以上です。

社会人になって、大学の科目等履修生で受講すると、検定料、入学金、授業料で、半期1コマだけで14万円ほどかかりましたし、他にも通学にかかる費用や教科書代、図書類の複写などの諸費用がかかるのですから、こうした合宿はとても良心的だと感じます。なおかつ、昨年のこの保護者向けの合宿に参加された方には、リピーター割引価格になっています。

大学などで科目等履修生となって毎週通学することが困難な方には、この2日だけの合宿に参加するだけで、奥田先生のご指導を受けることができるのです。ぜひどうぞご参加下さい。

ただし、案内にも書かれていますが、お子さんの相談のために参加することはご遠慮下さい。あくまで、保護者自身が学んで身につけて、自宅で実践していただけるためのものと捉えてお申し込み下さい。

今回の合宿の事前課題として指定されている教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2013.09.17

中高生向け心理学体験合宿2013

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

さて、行動コーチングアカデミーでは、初めての試みとして「中高生向け心理学体験合宿」というイベントを行いますsign03

中学生、高校生を対象にした、心理学の体験合宿ということで、どんな内容になるのでしょうかhappy01

奥田健次先生に聞いてみました。

これまで、単発で特別授業として高校生や中学生に心理学の授業を教えることは何度もありました。学校側は総合学習の一コマとしてなのでしょうが、教える側は何せ1回きりなので、もっと連続的に教えてみたらどうなるんやろうと思っていました。

心理学って「こころ」の学問でしょ? これくらいのイメージがあるかもしれません。じゃあ、「こころ」って何か? 実態あるものなのか? 高校生が「精神的にやばい」と言った場合、それってどういう意味なのか。 

身体測定で身長や体重を測れるように、「こころ」というものも測れないと学問ではないはずです。イメージや感覚、習慣や好み。こういうものも、今回の合宿で測ってみましょう。

将来、心理学を仕事にしなくても、たとえば会社で働くにしても何かの問題や課題があるでしょう。スポーツ選手でも、どこかで壁にぶちあたるかもしれません。あるいは、心理学に関係しそうな仕事、カウンセラーなどの心理職はもちろん、医師、看護師、学校の教諭、保育士、福祉関係、コーチング関係、メディア関係など、そこで活躍するための進路選択にも役立ててもらえるかもしれません。 

話を聞くばかりの授業ではなく、ほとんどが体験型の合宿ですので楽しく心理学を学んでいただけると思います。

せっかくですので、軽井沢の街の魅力も味わって下さい。 

保護者(または保護者代理)との参加をお待ちしています。

保護者の方へ。

この合宿は教育相談のためのものではありません。教育相談目的で、この合宿に参加したいという明確な意思のない生徒を連れてくることは、他の純粋な気持ちで参加する生徒や保護者に迷惑をかけることもあります。暴力的な言動のある生徒も、合宿に参加することはできません。これらのルールを守っていただけない場合、お帰りいただくこともあります。

そのため、一応、参加者はこれまでの行動コーチングアカデミーの合宿に参加したことのある方が保護者になることを原則とします。そういう方は、お子さんや親戚の子、あるいはお子さんの友人で興味のある生徒を連れて来ることもできます。合宿に参加したことのない方は、推薦状をご用意下さい。

下記からダウンロードできるご案内にもありますが、今回の合宿は、生徒の不登校やひきこもり、行動問題を相談する場ではありませんので、そうした方々によるお申し込みはくれぐれもご遠慮下さるようお願いいたします。

「中高生向け心理学体験合宿2013」

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2013年10月19日(土)〜20日(日)

内容等、下記のファイルをダウンロードしてご覧下さい。

直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい。

「chuukou201309.doc」をダウンロード

奥田先生の特別講義は、あちこちの高校で大人気です。最近、テレビ番組で紹介されることも増えていますが、それ以前からずっと中高生を対象に特別授業をやっておられましたshine

大学を退職された今でも、毎年どこかの特別授業に呼ばれて、高校生が明確な目的をもって進路を選ぶようになったなどと、大変な好評ぶりなのです。生徒が目を輝かせて話を聞いているというのを、学校の先生方にも実感していただいていますhappy02

Koromo001

保護者の方にも、親子参加であるという条件を、むしろラッキーと思って楽しんで来て下さればと思いますsun

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育 |

2013.07.10

行動分析学道場2013

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

昨年に引き続きまして、行動分析学道場のお知らせですnewshine

昨年、第1回目の行動分析学道場をオープン記念が大々的に開催され、全国から多くの方々が行動分析学を学びに軽井沢まで来られ、とても盛大な修行の場となりました。そのシーンの一部は、今年2月に放送されたNNNドキュメントで放映されましたtv

今年は、中身をリニューアルしまして開催されます。講師陣は、昨年と同様に超一流の先生方が揃っており、とても贅沢な3日間となることは間違いありません。学校長の奥田健次先生はじめ、杉山尚子先生、そして島宗理先生ですsign03

奇しくも、今年4月、NHK『あさイチ!』にご出演なさったお三人。生で『あさイチ!』の続きも楽しめそうですhappy01

そして、ゲスト講師として、今年も山本央子先生にもお越しいただけることとなりましたsign03

昨年の道場も、この4人の講師を中心に、研修者を巻き込んで丁々発止な掛け合いは、大変に盛り上がったそうですupupup

大学の集中講義やスクーリングとは、比べものにならない贅沢さですね。宿泊しながら、空いた時間があればいつでも行動分析学について教えてもらえる機会というのは、学会でもなかなか得られそうにありません。

「行動分析学道場 2013」

主催:行動コーチングアカデミー

場所:長野県北佐久郡

日時:2013年8月20日(火)〜22日(木)

内容等、下記のファイルをダウンロードしてご覧下さい。

※ファイル、wordに変更しました。直接、ファイルに必要事項を明記して、添付ファイルにてご提出下さい。

別の合宿のときにも申し上げましたが、大学の科目等履修生になろうとする場合、大学によって違うようですが、検定料、入学金、授業料で、半期1コマだけでワタクシの場合は14万円ほどかかりましたし、他にも通学にかかる費用や教科書代、文献複写などの諸費用がかかるのですから、朝食や昼食、宿泊代込みの行動コーチングアカデミーの合宿はとても良心的。

とはいえ、この行動分析学道場は学ぶ側にすれば「道場」の名の通り、気合いを入れて参加しないと、いろんな意味でもったいないと思いますconfident

行動分析学道場の講師陣の大学などで科目等履修生となって毎週通学することが困難な方が、道場の講師陣からの直接ご指導を受けられる機会なんて他にはないでしょうsign03

奥田健次先生から、メッセージをいただきました。

今年もやります。オープン記念の昨年の道場では、多方面の参加者が来られたので、多少ねらいが拡散したところもあります。それはそれで面白かったのですが、今年は昨年よりも実践寄りにしたいと思って、講師の先生方と打ち合わせをしてきました。個人的には、実践寄りでありながらも「え? そんなのも実験できるの?」というところまで討論したいと思っています。そして、昨年よりもワークを増やしたいなと。

実験的な試みとして楽しみにしているのは、最終日のイベント。あえて、行動分析学に対するよくある批判(または誤解)について、研修者自身が相手の立場を想定して問答するものです。産業図書の『行動分析学入門』では、行動分析学ゼミの中であれやこれやと質問が出まくっています。あんなことを実際にやってみようではないかと。

たとえば、「夢」を見るということ。寝てる間に見る夢。将来のやりたいことを語ること。それらが問題になった場合(怖くて眠れない、現実離れした夢を語り続ける等)。これらの行動随伴性は? 臨床的にはどのような支援ができるか? どのような行動を測定すればいいのか?

こういった質問を大歓迎し、まるで産業図書『行動分析学入門』の中のゼミ生になったかのような体験をしていただきたいと思っています。実際、この本の著者2名が道場の講師ですから、まさしく実現可能です。

マニアックな質問も大歓迎です。もちろん、なるべくただの問答に終わらないように、臨床家としての立場から実用性のある回答や提案なども提供することもあるでしょう。講師陣と合宿所で、また旧軽井沢などに一緒に出かけた先で、ひたすら研究や臨床についての質問も歓迎します。学生の頃の、あの盛り上がったゼミや研究会を思い出していただけるでしょう。

昨年は、全国からいろいろな立場の方々が行動分析学を学ぼうと来られました。同志との交流もお楽しみ下さい。

いいなぁーconfident

こういうメッセージをお聞きすると、本当にワタクシも参加させていただきたいと、ちょっと前向きに考えてしまいます。夏の軽井沢ですし、避暑にももってこいの季節でしょうねhappy02

先生方の代表的なご著書を、下記にリンクを貼っておきますshine

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |

2013.07.01

家庭犬育成指導者養成キャンプのお知らせ

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

奥田健次先生の学校、行動コーチングアカデミーでは、さまざまな合宿やキャンプを開催されていますsign03

そのいずれもが、行動分析学に基づいたものになっており、なおかつ学校長の奥田先生が目を光らせて、学ぶ側に求める姿勢も厳しいのが特徴ですhappy01

合宿のうちの1つ、家庭犬育成指導者養成キャンプというのがありまして、これも昨年はオープン記念ということで大々的に実施され、大好評でありましたsign03 その模様は、奥田健次先生の新オフィシャルブログにて一部紹介されております。地元新聞やテレビなどでも取り上げられることも多く、たいへん注目されている活動ですdog

このキャンプは、参加対象となる方がかなり限定されていますので関係者にしか告知していませんでしたが、今回、まだ若干の余裕がありますので、ご案内させていただくことになりましたsun

募集要項やご案内、申込み方法などは次のファイルをダウンロードして下さい。

(※追加申込み、7/8に締め切りました。)

指導者は、山本央子先生ですshine

奥田先生からいただいたばかりのコメントを掲載させていただきますconfident

こちらのキャンプの参加者はその分野の方々に限られますが、どうやら犬の業界も資格ビジネスすごいみたいですね。資格もいいけど、確かな臨床技術が欲しいという方、お待ちしています。専門用語を並べ立てて分かったような解説をする人よりも、目の前にいる犬と飼い主に対して、的確な指導ができるかどうか。キャンプでは講義形式の学習もありますが、そのほとんどはシェルターから借りてきた犬に対する指導が中心となります。トレーナー、獣医療関係者、その分野の大学生、専門学生のお越しをお待ちしています。

とても充実した2泊3日のキャンプですねshine

人と犬が泊まり込んで相互に学ぶとでもいうのでしょうか。旧ブログ事務局のワタクシは愛犬家ですが、愛犬家は参加対象じゃないんですって、残念(u_u。)

多くの方のお申し込み、お待ちしています。7月8日、申し込み締切となっております。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |

2013.06.24

保護者・学生向け合宿2013のご案内

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部(旧ブログ)の事務局です。

さて、今回は合宿のお知らせです。 保護者向け学生向けの合宿で、行動分析学のベーシックコースだということです。この合宿を受講した方には、今年の8月か来年の8月の「行動分析学道場」の受講資格が得られるそうなので、道場のほうに受講したくてもできない専門職でない方(ただし保護者か専門分野の学生さん)にとってチャンスです。

ご案内のPDFファイルは、次からダウンロードして下さい。定員を満たした時点で募集を停止いたします。※7月2日24時05分、締め切りました。

奥田健次先生からのコメントです。

昨年も保護者向けの合宿はやりましたが、一般公開しませんでした。昨年の内容よりもさらに演習を増やしましたので、より実践的に学問を身につける第一歩になるだろうと思っています。まあ、それなりに費用がかかりますから、生半可な姿勢で来るのはお断り。夕食会や懇親会とかは楽しくやりますが、サロンのような場所ではないものですからね。

旧ブログ事務局のワタクシも社会人(主婦)でありながら、大学の科目等履修生になって関心ある講義を受講しています。それでも、検定料、入学金、授業料で、半期1コマだけで14万円ほどかかりますし、この他に通学にかかる費用や教科書代、図書類の複写などの諸費用がかかるのですから、行動分析学道場の合宿はとても良心的だと感じます。

行動分析学道場の4名の講師陣の大学などで科目等履修生となって毎週通学することが困難な方には、2日だけの合宿に参加する時間を確保するだけで、まずは奥田先生のご指導を受けることができるのです。その後、道場にも進んで4名の講師陣の直接ご指導を受けられる機会が広がるのですから、数少ない機会を逃すのはもったいないと思います。

今回の合宿の事前課題として指定されている教科書を、下記にリンクを貼っておきます。

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 お知らせ |

2013.05.31

日本テレビ『スッキリ!!』出演情報!!

奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局です。

朝の情報ワイド番組、あの『スッキリ!!』に奥田健次先生がご出演なさいますhappy01sign03

この番組からのご依頼についても、あまりにも急だったそうで、その顛末は先生から聞いてビックリしました。先月の『モーニングバード』なんかは、前日の夜にコメントを求められたのだとか。NHKの『あさイチ』も平日毎日やってる番組だから、かなりの過密なスケジュールだったと聞いています。

今度の『スッキリ!!』は、日本テレビ開局60年記念shineのベルト企画っていうんですって。それが教育をテーマにしているらしく。ですから、来週の月曜日から金曜日まで、いま注目されている日本の5人の教育関係者を紹介する特別企画なのだそうですsign03

海外出張中の奥田先生から、つい先ほどコメント(長文)をいただきましたhappy02

スッキリに出るんやけど、おれみたいな見た目がスッキリせん男がな(笑)。いや、おれはホンマはスッキリし過ぎているのかもしれんけども。たとえば、大学を退職したときも失業保険を受けられるらしいところ、おれは「要らない」に○を付けたしな。他にもブログでは言えないスッキリしたエピソードも山ほどあるけどさ。スッキリやなくて『キッパリ!!』か。

急な依頼で、かなり無茶な要求オンパレード。特に無茶なのが「子どもや親を指導しているシーンを撮影したい」というやつね。放送日が決まっててさ、普通は無理でしょ? でもまあ、長年支援してきた家族のご協力によって、それは撮れましたよ。前のドキュメントのときは「初診を撮りたい」ということで、それはもう絶望的に厳しかったんですがね。半年以上かけて協力者が見つかった次第です。

シーンはケース会議、教育相談、佐世保での講演、軽井沢でのロケ、成田空港でのロケなどから抜粋されるんでしょう。15分程度の特集だそうです。たった15分なので、かなり削られるんでしょう。

浅井企画のマネージャーによれば、今どき、テレビ番組で一人の人が15分の時間を持つというのは「かなり長い」のだそうです。確かに。バラエティー番組でも、使っている人が多すぎて、一人が喋ってるところなんか1分も無いくらいかもしれんもんね。

今回、おれは久しぶりに上から下まで真っ黒の服装にしてます。なぜか。それは、すみませんね、他局ですが。『TAKE FIVE』にハマってましてね。TAKE FIVEが盗みに入るときは黒ずくめですから。それだけの理由なり。

日テレさんがどう編集するか分からないけども、おれがどんなに苦労してきたかというような部分はね。そんなに使わないで欲しいねんけどな。そんなもんは窓から捨てちゃえって。苦労してきたという自覚がおれ本人に無いからな。他人から見たら、そりゃそう見えるのかもしれんけども。たまたま生き抜いてきただけで、それは人それぞれやんか。いろんな人がいるって。

そっちよりも、「どんだけ複雑な問題でもサラッと直してるよ、当たり前でしょ」っていう部分を前面に出してもらえればね。努力して結果を出しているんじゃなくて、結果を出すのが仕事ですからね。見所は「嘔吐する子を1回の教育相談で直した」、「強迫性障害の子を1回の教育相談で直した」結果を確認するシーンでしょう。「すごいですね」と言われても、「当たり前です」と答えてます。意外と『アッサリ!!』やねん。

ディレクターに「どこからその自信が出てくるのですか?」と何度も聞かれたけどもね。一般の人にも聞かれますが。あのな・・・。プロのピアニストがドミソの和音を取っただけで「すごいですね」と言われるようなもんでしょ。おれにしてみたら、教育上の課題ってのはそれくらい簡単なものでね。「自信がある」と言うほうが恥ずかしいやん。だから、『アッサリ!!』と「当たり前です」と。

ただ、いじめを見殺しにして言い逃れをする校長らの、言い逃れを許さない指摘だけは、初めてカメラに向かって「おいこら!! ふざけんな、お前らな!!」と、ほとんどプロレスラー状態。プロレスラー状態かもしれんけど、100%の怒りと悲しみをディレクターによって引き出されてしまった格好です。これ、日テレが採用するかどうか、乞うご期待。

それにしても、5月に入ってからの、すでにすべてのスケジュールが決まっている中で、よく実現したよな。しかも、すべての要素が入ってて。ケース会議、臨床、講演、海外移動。そして、軽井沢での農作業。およそ、おれのやってることが撮られましたよ。

前のドキュメントはシリアスな感じになってたけど、今度のは「ドヤ的」なところが出ていればええね。ドキュメントの真似事なら『ガッカリ!!』です(笑)。メッセージがしっかり伝われば『ヤッタゼ!!』『バッチリ!!』ですし、関西人らしさが『クッキリ!!』と『コッテリ!!』出ていれば『スッキリ!!』です。

・・・。

奥田先生、最後のほうは悪ノリcoldsweats01

放送日は、6月5日(水)ですnote

番組自体は8時からのtv番組なのですが、奥田先生が登場する特集は9時頃からということですので、「6月5日(水)あさ9時から日本テレビ系列」でokでしょう。

仕事中の方は録画を。主婦の方々は生放送をご覧下さいねhappy01

文責:奥田健次の教育改革ぶろぐろ部の事務局

Posted by 事務局 いじめ・ハラスメント, お知らせ, 学ぶこと, 教育, 特別支援教育 |